Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法

Last Update:

Safariメニューバーに「開発」メニューを表示する方法を紹介します。

Safariの「開発」では、クロスブラウザーのテストを行うことができます。「Safari iOS」「Internet Explorer」「Google Chrome」「Firefox」「Opera」……での表示が確認できるので、便利ですよー。

また、FirefoxやChromeのアドオンで有名な「Firebug」のようにHTMLを解析することもできるので、「開発メニュー」を表示しておきましょう。

それでは、表示方法をみてみましょう。

開発メニューの表示方法


アプリ「Safari」を起動します。


上部メニューから「環境設定」を起動します。


環境設定です。

上部タブメニュー「詳細」をクリックしましょう。


詳細設定です。

  • メニューバーに開発メニューを表示

チェックを入れましょう

これで設定完了です。


これで上部メニューに「開発」が表示されます。

Safariの開発メニューを利用すれば、制作したサイトがFirefox、IEのさまざまなバージョン、iPhoneやiPad……でどのように表示されるかを確認することができます。


また、「ページのリソース」では、HTML+CSSコードと表示を同時に確認できるので、こちらも便利ですよ。

以上、「Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法」でした。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Safari関連の人気記事

  1. Windows用 Safari のダウンロードとインストール
  2. Mac - Safari - デフォルトフォントの変更 - CSSの設定
  3. Macアプリ「Safari」 - 履歴の(手動)消去と自動削除
  4. Macアプリ「Safari」 - ブックマーク(お気に入り)の追加と削除
  5. Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法
  6. Mac - Safari リンクを常にタブで開く
  7. Macアプリ「Safari」 - スマート検索フィールドの設定
  8. Macアプリ「Safari」 - 検索エンジンの変更
  9. Mac - Safari のアドレスバーに完全な URL を表示する方法
  10. Safari機能拡張 - ウィンドウを指定サイズに変更(リサイズ) - 「Resize Windows」
  11. Macアプリ「Safari」 - タブにWebサイトのアイコン(Favicon)を表示する
  12. Safari - Chrome / Firefoxのブックマークをインポート
  13. Mac - Safari - Cookie と Webサイトのデータ - 設定と削除
  14. Safari - ファイルのダウンロード先を変更
  15. Safari - Flash Player のダウンロードとインストール

関連記事(一部広告含む)