Safari - 最近閉じたタブを再度表示する(開く)方法

Last Update:

Mac の Webブラウザー「Safari」で、最近閉じたタブを再度表示する(開く)方法を紹介します。

Safari のバージョン 10.0 より新しい機能が追加されました。
ここでは追加された新しい機能のひとつである「新しいタブを追加するボタン」から「最近閉じたタブ」を表示する機能・使い方をみていきます。

最近閉じたタブを表示(開く)

それでは実際に最近閉じたタブを表示してみましょう。

safari-recently-closed-tabs-01
Safari を起動し

safari-recently-closed-tabs-02
右上にある「新しいタブ」を表示する「+」ボタンを

クリックしたままに(長押し)します。

すると!

safari-recently-closed-tabs-03
このように最近閉じたタブが表示されるので、開きたいページにマウスカーソルをもっていきクリックを離しましょう。

あるいは!

safari-recently-closed-tabs-04
上部メニューの「履歴」から

safari-recently-closed-tabs-05
「最近閉じた項目」にマウスカーソルをもっていくと

safari-recently-closed-tabs-06
このように最近閉じたタブが表示されるので、開きたいページをクリックします。

余談ですが……

safari-recently-closed-tabs-07
履歴メニューから「最後に閉じたタブを開く」こともできます。

safari-recently-closed-tabs-08
普通の履歴もこちらから参照することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Safari関連の人気記事

  1. Windows用 Safari のダウンロードとインストール
  2. Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法
  3. Mac - Safari - デフォルトフォントの変更 - CSSの設定
  4. Macアプリ「Safari」 - 履歴の(手動)消去と自動削除
  5. Macアプリ「Safari」 - ブックマーク(お気に入り)の追加と削除
  6. Mac - Safari リンクを常にタブで開く
  7. Macアプリ「Safari」 - スマート検索フィールドの設定
  8. Macアプリ「Safari」 - 検索エンジンの変更
  9. Mac - Safari のアドレスバーに完全な URL を表示する方法
  10. Safari機能拡張 - ウィンドウを指定サイズに変更(リサイズ) - 「Resize Windows」
  11. Macアプリ「Safari」 - タブにWebサイトのアイコン(Favicon)を表示する
  12. Safari - Chrome / Firefoxのブックマークをインポート
  13. Mac - Safari - Cookie と Webサイトのデータ - 設定と削除
  14. Safari - ファイルのダウンロード先を変更
  15. Safari - Flash Player のダウンロードとインストール

関連記事(一部広告含む)