Mac - Safari - Cookie と Webサイトのデータ - 設定と削除

Last Update:

Mac の Webブラウザ「Safari」の Cookie と Webサイトのデータの設定と削除方法を紹介します。

Cookie や Web サイトのデータは「常にブロック」「アクセスしたサイトのみ許可」……といった設定を行うことができます。用途に合わせて設定を変更しましょう。

また、Web サイトデータは手動で削除することもできるので、合わせてその方法もみていきます。

Cookie と Webサイトのデータ - 設定と削除

safari-manage-cookies-website-data-01
アプリ「Safari」を起動し

safari-manage-cookies-website-data-02
上部メニューの「Safari」→「環境設定」をクリックします。

safari-manage-cookies-website-data-03
Safari の環境設定です。上部の「プライバシー」をクリックします。

設定

safari-manage-cookies-website-data-04
Cookie と Web サイトのデータの設定です。次の項目から設定を行うことができます。

  • 常にブロック
  • アクセス中のWebサイトのみ許可
  • アクセスしたWebサイトは許可
  • 常に許可

safari-manage-cookies-website-data-05
保存している「Cookie とデータ」は「詳細」をクリックすることで、確認することができます。

削除

safari-manage-cookies-website-data-06
「すべての Web サイトデータを削除」をクリックすると

safari-manage-cookies-website-data-07
「コンピュータ上の Webサイトからの保存データをすべて削除してもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので

safari-manage-cookies-website-data-08
「今すぐ削除」をクリックしましょう。

safari-manage-cookies-website-data-09
すると、このように Cookie とデータが削除されます(数が減ります)。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Safari関連の人気記事

  1. Windows用 Safari のダウンロードとインストール
  2. Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法
  3. Mac - Safari - デフォルトフォントの変更 - CSSの設定
  4. Macアプリ「Safari」 - ブックマーク(お気に入り)の追加と削除
  5. Macアプリ「Safari」 - 履歴の(手動)消去と自動削除
  6. Macアプリ「Safari」 - 検索エンジンの変更
  7. Mac - Safari リンクを常にタブで開く
  8. Macアプリ「Safari」 - スマート検索フィールドの設定
  9. Mac - Safari のアドレスバーに完全な URL を表示する方法
  10. Safari機能拡張 - ウィンドウを指定サイズに変更(リサイズ) - 「Resize Windows」
  11. Macアプリ「Safari」 - タブにWebサイトのアイコン(Favicon)を表示する
  12. Safari - Chrome / Firefoxのブックマークをインポート
  13. Mac - Safari - Cookie と Webサイトのデータ - 設定と削除
  14. Safari - ファイルのダウンロード先を変更
  15. Safari - Flash Player のダウンロードとインストール

関連記事(一部広告含む)