今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラム

Macアプリ「Safari」 - 履歴の(手動)消去と自動削除

スポンサーリンク

Mac の Webブラウザー「Safari」の履歴を手動で消去する方法と自動削除する方法を紹介します。

Safariで閲覧したWebサイトの履歴(URL)やCookie(クッキー)・Webサイトデータなどは手動で消去することができます。また、一定期間経過した履歴を自動で削除することもできるので、それらの方法をみていきます。

スポンサーリンク

履歴の(手動)消去

mac-safari-clear-website-history-01
「Safari」を起動し

mac-safari-clear-website-history-02
上部メニューの「Safari」→「履歴を消去」をクリックします。

mac-safari-clear-website-history-03
クリックすると Safari のウィンドウにこのようなポップアップが表示されます。

履歴を消去すると、関連する Cookie およびその他のWebサイトデータが削除されます。

mac-safari-clear-website-history-04
「消去の対象」をクリックすると

mac-safari-clear-website-history-05
次の選択肢から削除するデータを選択することができます。

  • 直近1時間
  • 今日
  • 今日と昨日
  • すべての履歴

削除するデータを選択したら

mac-safari-clear-website-history-06
「履歴を消去」をクリックしましょう。

これで削除完了です。

履歴の自動削除

次は履歴を自動的に削除する方法をみていきます。

mac-safari-clear-website-history-07
上部メニューの「Safari」→「環境設定」をクリックします。

mac-safari-clear-website-history-08
環境設定(一般)です。

「履歴からの削除」をクリックしましょう。

mac-safari-clear-website-history-09
次の選択肢から履歴を自動的に削除する期間を選択しましょう。

  • 1日後
  • 1週間後
  • 2週間後
  • 1ヵ月後
  • 1年後
  • 手動

選択した期間に応じて、自動で履歴が削除されます。「手動」を選択した場合には履歴は削除されません。

以上、「Safari - 履歴の(手動)消去と自動削除」でした。

スポンサーリンク

関連記事と広告