今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す

Macアプリ「Safari」 - スマート検索フィールドの設定

スポンサーリンク

Mac の Webブラウザー「Safari」のスマート検索フィールドの設定方法を紹介します。

スマート検索フィールド

mac-safari-smart-search-field-00
Safari ウィンドウの上部にあるフィールド(フォーム)のことで、「アドレス(URL)」を表示するとともに「検索フィールド(フォーム)」として使用することができます。

Safari - スマート検索フィールドの設定

mac-safari-smart-search-field-01
まずはアプリ「Safari」を起動しましょう。

mac-safari-smart-search-field-02
上部メニュー「Safari」→「環境設定」をクリックしましょう。

mac-safari-smart-search-field-03
環境設定です。上部の「検索」をクリックしましょう。

mac-safari-smart-search-field-04
「スマート検索フィールド」には次の設定項目があります。

スポンサーリンク
  • Safariの検索候補を含める
  • クイック Web サイト検索を有効にする
  • バックグラウンドでトップヒットを事前に読み込む
  • お気に入りを表示

設定方法をみていきます。

mac-safari-smart-search-field-05
「検索エンジンの候補を含める」にチェックを入れると

mac-safari-smart-search-field-06
「Safariの検索候補を含める」にチェックを入れることができるようになります。

mac-safari-smart-search-field-07
「クイック Web サイト検索を有効にする」にチェックを入れると

mac-safari-smart-search-field-08
クイック Web サイト検索の「Webサイトを管理」できるようになります。

mac-safari-smart-search-field-09
残りの2つはチェックを入れるだけで設定可能です。

  • バックグラウンドでトップヒットを事前に読み込む
  • お気に入りを表示

関連記事(一部広告含む)