今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - 新規ローカルアカウントの作成

Twitter(ツイッター) - 連携アプリの許可・確認・解除

スポンサーリンク

Twitter(ツイッター)の連携アプリの許可・確認・解除方法をみていきます。

最近、Twitterの連携アプリ機能を利用したスパムツイートやスパムツイートをひたすらリツイートさせる……といった被害をよくみかけます。

アカウントの乗っ取りの可能性もありますが、ほとんどの場合は不必要な連携アプリによるものです。

ここでは連携アプリの許可方法と許可する場合の注意点、現在連携しているアプリの確認、連携アプリの許可を取り消す・解除方法を紹介します。

連携アプリの許可と注意点

Twitterを利用した連携アプリの許可方法と注意点をみていきます。

例えば、Twitterクライアント・アプリ「夜フクロウ」をみてみましょう。


アプリを起動すると

Twitterのログイン画面が表示されます。

  • ユーザー名、またはメールアドレス
  • パスワード

を入力し


ここで「連携アプリを認証」というボタンをクリックします。

これで連携アプリの認証は完了です。

注意点

連携アプリを認証する前に「アプリケーションのできること」「できないこと」を確認しておきましょう。


夜フクロウ の場合は次の通りです。

このアプリケーションは次のことができます
・タイムラインのツイートを見る。
・フォローしている人を見る、新しくフォローする。
・プロフィールを更新する。
・ツイートする。
・ダイレクトメッセージをみる。

次のことはできません。
・登録済みのメールアドレスを取得する。
・Twitterのパスワードを見る。

アプリケーションによって「できること」「できないこと」が異なります。

アプリのできることの中に「プロフィールを更新する」「ツイートする」「ダイレクトメッセージを見る」「Twitterのパスワードを見る」といった機能がある場合はそのアプリが本当に必要かどうかを一旦考えてから「連携アプリを認証」するようにしましょう。

連携アプリの確認と解除

次は連携しているアプリの確認と許可の取り消し(解除)方法をみていきます。


Twitterアカウントにログイン


画面右上のアイコンをクリックしましょう。

スポンサーリンク


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定とプライバシー」をクリックします。


設定です。

「アプリケーション」をクリックします。


すると、連携しているアプリの一覧が表示されます。


アプリをクリックすると


アクセス権を確認することができます。

この例では「読み取り、書き込みとダイレクトメッセージ」です。

連携アプリの解除(取り消し)

アプリとの連携を解除する方法をみていきます。


解除したいアプリの「アクセス権を取り消す」をクリックします。


すると、「アクセス権の取り消しをもとに戻す」という表示に変わります。

取り消しをもとに戻す場合は、ここをクリックします。解除する場合はこのままでOKです。

「アプリ連携」ページにあらためてアクセスすると


このようにアプリとの連携が解除されています。

関連記事(一部広告含む)