Twitter(ツイッター) - データセーバーの設定 - ネットワークデータの通信量を削減

Twitter(ツイッター)の文字サイズを変更する方法を紹介します。

データセーバーを「オン」にすると、ネットワークデータの通信量を削減することができるので、ここではその方法をみていきます。

Twitter - データセーバーの設定

それでは実際に設定してみましょう。


まずは、Twitterアカウントにログインしましょう。


Twitter にログインしたら

画面右上の「プロフィール」アイコンをクリックしましょう。


すると、このようにメニューが表示されるので

「データセーバー」をクリックしましょう。


すると、このように「データセーバー」のオン/オフを切り替えることができます。

設定

データセーバーは「設定とプライバシー」からもオン/オフを切り替えることができるので、合わせてみていきます。


画面右上の「プロフィール」アイコンをクリックしましょう。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定とプライバシー」をクリックしましょう。


左メニューの「データ通信量」をクリックします。


「データセーバー」をクリックすると

オンにすると、ネットワークデータの通信量を削減できます。


このようにデータセーバーのオン/オフを切り替えることができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Twitter関連の人気記事

  1. Twitterアカウント - ユーザー ID の確認(表示)
  2. Twitter(ツイッター) - 連携アプリの許可と注意点
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Twitter(ツイッター)の使い方
  5. Twitter(ツイッター)アカウントの作成
  6. Twitter - ひとつの画像、複数の画像をツイート
  7. Twitter(ツイッター) - ショートカットキーの一覧表(まとめ)
  8. Twitter(ツイッター) - パスワードのリセット(忘れた場合)
  9. Twitter(ツイッター) - ダイレクトメッセージの送り方
  10. Twitter - ミュートしているアカウントの確認とミュート解除
  11. Twitterアカウントの作成日を確認
  12. Twitter(ツイッター) - ツイートを非公開に(鍵付きアカウントに)
  13. Twitter(ツイッター)の2段階認証 - バックアップコードの表示・確認
  14. Twitter - アプリ連携の解除(取消)
  15. Twitter - 過去のツイートを全削除 - TweetEraser

関連記事(一部広告含む)