今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  4. Windows10 - スタートメニュー(画面)の設定
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Twitter アカウント - 2段階認証(ログイン認証)を有効(オン)にする方法

スポンサーリンク

Twitter アカウントの2段階認証(ログイン認証)を有効(オン)にする方法を紹介します。

2段階認証を有効にすると

パスワード認証に加えて、ログインする際に携帯電話に本人確認用のショートメールが届きます。

Twitterアカウント - 2段階認証(ログイン認証)

それでは実際に2段階認証(ログイン認証)を設定してみましょう。


まずは、Twitterアカウントにログインしましょう。


ログインしたら

画面の右上にあるアイコンをクリックしましょう。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定とプライバシー」をクリックしましょう。


アカウントの設定です。

「セキュリティ」をクリックします。


セキュリティの設定です。

「ログイン認証」をクリックします。

  • ログイン認証
    ログイン後、本人確認とアカウント保護のため追加情報が求められます。

にチェックを入れましょう。


すると、「ログイン認証の仕組み」が表示されるので、ちらっと読んでおきましょう。

スポンサーリンク
  • ログインにはログインコードが必要です。
  • ログインコードはSMSで送信されます。
  • ログインコードを入力して本人であることを確認します。

「始める」をクリックします。


電話番号を確認してください。

表示されている「電話番号」を確認し

「コードを送信」をクリックします。

携帯電話(ここでは「iPhone」)を確認してみると

このようなメッセージ(SMS)が届くので


携帯電話に届いたコードを入力し、「送信」をクリックしましょう。


登録が完了しました。

Twittterにログインする際、常にログインコードが必要になります。

「バックアップコードを取得」をクリックしましょう。

ご利用の端末にアクセスができなくなってしまった場合、バックアップコードが使用できます。


すると、このように「バックアップコード」が表示されるので、メモを残したりスクリーンショットをとったりして安全に保管しておきましょう。

関連記事(一部広告含む)