Twitter アカウント - 2段階認証を有効(オン)にする方法

Twitter アカウントの2段階認証(ログイン認証)を有効(オン)にする方法を紹介します。

2段階認証を有効にすると
パスワード認証に加えて、ログインする際に携帯電話に本人確認用のショートメールが届きます。

このようにログイン認証を二重化することで、パスワードが他人に漏れたとしても本人以外はTwitterアカウントにアクセスできません!

Twitterアカウントの乗っ取りを防ぐために必ず設定しておきましょう。

Twitterアカウント - 2段階認証(ログイン認証)

それでは実際に2段階認証(ログイン認証)を設定してみましょう。


まずは、Twitterアカウントにログインしましょう。


ログインしたら

画面左下の「・・・」をクリックしましょう。


すると、このようにポップアップ・メニューが表示されるので

「設定とプライバシー」をクリックしましょう。


設定です。

「アカウント」をクリックしましょう。


アカウントの設定です。

「セキュリティ」をクリックします。


2要素認証の設定です。

2要素認証は次の3つから選択することができます。

  • テキストメッセージ
  • 認証アプリ
  • セキュリティキー


ここでは携帯電話を使った2要素認証を設定するので、「テキストメッセージ」を選択しています。


2要素認証を使ってわずか2ステップでアカウントを保護します。

  • 携帯電話番号を認証し、認証コードが記載されたショートメールを受け取ります。
  • 2要素認証をオンにするには、認証コードを入力してください。

「始める」をクリックします。


「パスワード」を入力し、「認証」しましょう。


認証コードが登録している電話番号に届きます。

「コードを送信」をクリックします。

携帯電話(ここでは「iPhone」)を確認してみると

このようにテキストメッセージが届いているので


届いたコードを入力し、「送信」をクリックしましょう。


登録が完了しました。

Twittterにログインする際、常にログインコードが必要になります。


表示されている「バックアップコード」が表示されるので、メモを残したりスクリーンショットをとったりして安全に保管しておきましょう。

ご利用の端末にアクセスができなくなってしまった場合、バックアップコードが使用できます。

関連記事(一部広告含む)