Twitter - ツイートに返信できるアカウントを制限

Twitterで、ツイートに返信できるアカウントを制限する方法を紹介します。

パソコン - 返信できるアカウントを制限したツイート

それでは実際に返信できるアカウントを制限したツイートをつぶやいてみましょう。


Twitterアカウントにログインし、ツイートしたい内容を入力します。


ツイートを入力したら、「すべてのアカウントが返信できます」をクリックすると


返信できるアカウントを選ぶことができます。

  • 全員
  • フォローしているアカウント
  • @ツイートしたアカウントのみ


ここでは「フォローしているアカウント」を選択してみました。


すると、このように「フォローしているアカウントが返信できる」ツイートになります。


これで準備完了です。「ツイート」をクリックしましょう。

返信できるアカウント

返信できるアカウントで、このツイートをみてみると


「この会話に返信できます」と表示され、ツイートに返信することができます。

返信できないアカウント

返信できないアカウントで、このツイートをみてみると


「返信できるアカウントフォローしているか@ツイートしたアカウントが返信できます」と表示され、返信することができません。

スマートフォン - 返信できるアカウントを制限したツイート

アプリ「Twitter」を起動し

「ツイート」ボタンをタップしましょう。

ツイートしたい内容を入力し

「すべてのアカウントが返信できます」をタップしましょう。

返信できるアカウントを選択しましょう。

  • 全員
  • フォローしているアカウント
  • @ツイートしたアカウントのみ

ここでは「フォローしているアカウント」を選択してみました。

「ツイートする」をタップすると

返信できるアカウントを制限したツイートをつぶやくことができます。

ツイートの返信を非表示に

Twitterの使い方

関連記事(一部広告含む)