Windows10 - 新しいシンプルボリューム(パーティション)を追加・作成する方法

Windows10 に新しいシンプルボリューム(パーティション)を追加・作成する方法を紹介します。

新しくハードディスクを増設した! あるいはハードディスクのボリュームを縮小し、新たな領域をつくった!

といった場合はそこに新しいシンプルボリュームを作成・フォーマットし、データを保存できるようにしましょう。

新しいシンプルボリュームを作成

それでは実際にボリュームを作成してみましょう。


タスクバーの「検索フォーム」に

cont」と入力し


「コントロールパネル」を起動しましょう。


コントロールパネルです。

「システムとセキュリティ」をクリックします。


「管理ツール」をクリックします。


管理ツールです。

「コンピュータの管理」をクリックします。


コンピュータの管理です。

左メニューの「ディスクの管理」をクリックしましょう。


ボリュームを作成する領域を選択・右クリックし


「新しいシンプルボリューム」をクリックします。


新しいシンプルボリューム ウィザードの開始です。

スポンサーリンク

「次へ」をクリックします。

  • 最大ディスク領域
  • 最小ディスク領域
  • シンプルボリュームサイズ

を確認・サイズを決定したら、「次へ」をクリックします。

  • 次のドライブ文字を割り当てる
  • 次の空の NTFS フォルダーにマウントする
  • ドライブ文字またはドライブパスを割り当てない

普通に利用する場合は「次のドライブ文字を割り当てる」を選択し、「次へ」をクリックします。ドライブ文字はお好みで。


パーティションのフォーマットです。

作成するパーティションにデータを格納する場合はフォーマットする必要があります。

「フォーマットする」を選択、次の項目を選択・入力し

  • ファイルシステム
  • アロケーションユニットサイズ
  • ボリュームラベル
  • クイックフォーマットする
  • ファイルとフォルダーの圧縮を有効にする

「次へ」をクリックします。


新しいシンプルボリュームウィザードの完了です。

「完了」をクリックします。


すると、このようにフォーマットがはじまります。

しばらくすると、フォーマットが完了します。


これで新しいシンプルボリューム(パーティション)の作成は完了です。

エクスプローラーでみてみると


このように「ボリューム(D:)」が追加されていることがわかります。

ハードウェア関連の人気記事

  1. Windows10 - 回復パーティションの削除(DiskPart)
  2. Windows10 - ストレージ(ディスク)容量と用途を確認
  3. Windows10 - 高速スタートアップを有効/無効に
  4. Windows10 - マウスの設定 - 主ボタン・スクロール速度・ポインター
  5. Windows10 - ディスクのクリーンアップ - 不要ファイルの削除
  6. Windows10 - BitLocker を無効に - ディスクの暗号化を解除
  7. Windows10 - マウス使用時にタッチパッドを無効に
  8. Windows10 - ドライブのデフラグ(ディスクの最適化)
  9. Windows10 - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーを接続する方法
  10. Windows10 - MBRディスク ⇔ GPTディスクに変換(変更)
  11. Windows10 - 一時ファイルを削除する方法
  12. Windows10 - キーボードで絵文字・顔文字を入力する
  13. Windows10 - 追加したハードディスクの初期化(フォーマット)
  14. Windows10 - ディスプレイの明るさ - 自動輝度調整のオン/オフ
  15. Windows10 - Bluetooth の設定(オン/オフ)

関連記事(一部広告含む)