今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除
  5. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録

Windows10 - OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定

スポンサーリンク

Windows10 の OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定を紹介します。

OneDrive は
Microsoft が運営しているクラウドストレージ・サービスのことです。Dropbox の Microsoft版?といったところでしょう。

ここでは Windows10 で、OneDrive を利用するための基本的な設定方法についてみていきます。詳細な設定については適宜、別記事にて紹介しますので、合わせてご覧ください。

OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定

それでは基本設定をみていきます。


タスクバーの右の方にあるシステム領域の「^」をクリックします。


すると、隠れていたシステムアイコンが表示されるので

その中の「雲マーク」アイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックしましょう。


右クリックすると、このようなメニューが表示されるので、その中から「設定」をクリックします。


すると、「Microsoft OneDrive」ウィンドウが表示されます。

基本設定

それではひとつずつ設定をみていきましょう。


設定です。ここでは次のような設定が行えます。

スポンサーリンク
  • 全般
    OneDrive の自動起動
  • 通知
    OneDrive のアクションに対する通知
  • ファイルオンデマンド
    ダウンロード時の容量を節約


アカウントの設定です。ここでは次のような設定が行えます。

  • OneDrive
    OneDrive を利用するMicrosoftアカウントの設定
  • フォルダーの選択
    OneDrive が利用するフォルダーの選択


自動保存の設定です。ここでは次のような設定が行えます。

  • 重要なフォルダーを保護する
  • 写真と動画
    Windows10に接続した写真と動画をOneDriveに保存
  • スクリーンショット
    Windows10で撮影したスクリーンショットをOneDriveに保存


ネットワークの設定です。

  • アップロード速度/ダウンロード速度


Officeの設定です。ここでは次のような設定が行えます。

  • ファイルの共同作業
    Officeを他のユーザーと同期・同時に作業
  • 同期の競合
    Officeを同期する際の詳細設定


バージョン情報です。OneDrive のバージョンを確認することができます。

関連記事(一部広告含む)