Windows10 - OneDriveフォルダーを開く(クラウドストレージ)

Windows10 で、OneDriveフォルダーを開く方法を紹介します。

Windows10 には、Microsoft が運営しているクラウドストレージ・サービス「OneDrive」が標準搭載されています。Microsoft版の「Dropbox」みたいなサービスです。

OneDriveは、Microsoftアカウントで Windows10 にサインインするだけで簡単に利用できるので、ここでは基本操作を確認しましょう。

OneDriveフォルダーを開くにはいくつかの方法があります。ひとつずつみていきましょう。

エクスプローラー


タスクバーの「エクスプローラー」アイコンをクリックしましょう。


エクスプローラーです。

左メニューの「OneDrive」をクリックすると


OneDriveフォルダーを開くことができます。

OneDriveフォルダーのフルパスは次の通りです。

C:¥Users¥ユーザー名¥OneDrive

検索ボックス


タスクバーの検索ボックスに

onedrive」と入力し

スポンサーリンク


フォルダー「OneDrive」をクリックしましょう。


すると、このようにOneDriveフォルダーを開くことができます。

タスクバーの通知領域

次はタスクバーの右の方にある通知領域からOneDriveフォルダーを開く方法をみていきます。


タスクバーの「雲」アイコンをクリックしましょう。


すると、このようなポップアップが表示されるので

「フォルダーを開く」をクリックしましょう。



すると、このようにOneDriveフォルダーを開くことができます。

OneDrive関連の人気記事

  1. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  2. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  3. OneDrive(ブラウザ) - サインインとサインアウト
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Windows10 - OneDrive を自動起動しないように設定
  6. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  7. Windows10 - OneDrive(クラウドストレージ)の基本設定
  8. Windows10 - 削除した OneDrive を再インストールする方法
  9. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  10. Windows10 - OneDriveフォルダーを開く(クラウドストレージ)
  11. Microsoft OneDrive - ブラウザーで空き容量/使用可能な容量を確認
  12. Windows10 - OneDrive を使ってみた(サインイン)
  13. Windows10 - OneDrive の個人用 Vault の使い方(ロック解除)
  14. iPhone/iPad - Microsoft OneDrive にアクセス -アプリ「OneDrive」
  15. Macアプリ「OneDrive」 - アカウントのリンクを解除(サインアウト)

関連記事(一部広告含む)