Windows10 - タブレットモードの設定

Windows10 のタブレットモードの設定方法を紹介します。

タブレットモードの設定では、タッチ操作に合わせてデバイスが最適化されるため、キーボードとマウスを使う必要がありません。

タブレットモードが「オン」の場合、アプリは全画面表示で開き、タスクバーとデスクトップアイコンが小さくなります。

タブレットモードの設定

それではタブレットモードの設定をみていきます。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


「Windowsの設定」です。

「システム」をクリックします。


左メニューの「タブレットモード」をクリックします。

スポンサーリンク

タブレットモードの設定です。

サインイン時の動作です。

  • タブレットモードを使用します
  • デスクトップモードを使用します
  • ハードウェアに適したモードを使用します

お好みのモードを選択しましょう。

「ハードウェアに適したモードを使用します」を選択した場合、キーボードのないタブレット端末は自動的にタブレットモードになります。


デバイスがタブレットモードのオンとオフを自動的に切り替えるときの設定です。

  • 確認せず、切り替えも行わない
  • 切り替える前に常に確認する
  • 確認せず、常に切り替える


お好みでオン/オフを設定しましょう。

  • タブレットモード時のタスクバーのアプリアイコンを非表示にする
  • タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す

デスクトップ関連の人気記事

  1. Windows10 - デスクトップ上のテキスト(文字)サイズを変更
  2. Windows10 - デスクトップ・アイコンの設定(表示/非表示)
  3. Windows10 - 仮想デスクトップの作成・切替、アプリの移動
  4. Windows10 - デスクトップモードとタブレットモードの切替
  5. Windows10 - タスクバーを自動的に隠す
  6. Windows10 - タスクバーにデスクトップ・ツールバーを追加する方法
  7. Windows10 - デスクトップ・アイコンの表示サイズを変更(調整)
  8. Windows10 - マウスポインターのサイズと色を変更する
  9. Windows10 - タスクバーの検索ボックスを使ってみよう
  10. Windows10 - アクションセンターのシステムアイコンを表示・非表示に
  11. Windows10 - タスクバーの位置を変更する方法
  12. Windows10 - デスクトップの背景と色をカスタマイズ
  13. Windows10 - タスクバーをロック(固定)する方法
  14. Windows10 - 夜間モードのオン/オフと設定
  15. Windows10 - 特殊文字を入力する方法(文字コード表)

関連記事(一部広告含む)