今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

Windows10 - 日本語入力「IME」のクラウド候補機能を使用

スポンサーリンク

Windows10 の日本語入力ソフト「IME」で、クラウド候補機能を使用する方法を紹介します。

Microsoft が開発している日本語入力ソフト「Microsoft IME」は、「クラウド候補」機能が追加されました。

「クラウド候補」機能とは、検索エンジン「Bing」で使われているサジェスト機能を利用した新しいワードの予測変換機能のことです。「Google日本語入力」や「ATOK」に搭載されているアレですね。

それでは設定方法をみていきます。

設定は「IMEの詳細設定」と「Windowsの設定」から行うことができます。

IMEの詳細設定


タスクバーの右下にある「A」あるいは「あ」にマウスカーソルをもっていき

右クリックすると


このようなメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。


すると、「Microsoft IME の設定」が表示されるので

「詳細設定」をクリックします。


上部タブメニュー「予測入力」をクリックします。


「クラウド候補を使用する」にチェックを入れます。


すると、「予測入力サービス」というウィンドウが表示されます。

Bing から入力候補を利用することができます。クラウド候補を取得するために、入力中のテキストが暗号化され Microsoft に送信されます。
クラウド候補を使用しますか?

「はい」をクリックしましょう。


「OK」をクリックすれば、設定完了です。

スポンサーリンク

Windowsの設定


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「時刻と言語」をクリックします。


左メニューの「地域と言語」をクリックします。


言語というところの「日本語」をクリックします。


「オプション」をクリックします。


言語のオプションです。

「Microsoft IME」をクリックしましょう。


「オプション」をクリックします。


Microsoft IME のオプションです。

画面を下へスクロールし


クラウド候補の設定です。

「オン」にしましょう。

Bing から入力ヒントを利用します。書いた内容は暗号化され 提案として Bing に送信されます。

関連記事(一部広告含む)