Windows10 - IME のクラウド候補機能を使用

Last Update:

Windows10 の日本語入力ソフト「IME」で、クラウド候補機能を使用する方法を紹介します。

Microsoft が開発している日本語入力ソフト「Microsoft IME」は、「クラウド候補」機能が追加されました。

「クラウド候補」機能とは、検索エンジン「Bing」で使われているサジェスト機能を利用した新しいワードの予測変換機能のことです。「Google日本語入力」や「ATOK」に搭載されているアレですね。

Windows10 - IME のクラウド候補機能を使用

それでは設定方法をみていきます。


タスクバーのフォームに


「ime」と入力し


「日本語 IME の設定」をクリックします。


Micrsoft IME の設定です。「全般」をクリックします。


全般設定です。画面を下へスクロールし


予測入力サービスの「クラウド候補」を「オン」にしましょう。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

クラウド候補を使用する
Bing から予測候補を表示することができます。入力した内容は暗号化され、Microsoft に送信されます。
クラウド候補を使用しますか?

「はい」をクリックしましょう。


これで設定完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

IME関連の人気記事

  1. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  2. Windows10 - よく使う単語の追加(登録) - Microsoft IME
  3. Windows10 - 以前のバージョンの Microsoft IME を使う
  4. Windows10 - Microsoft IME 入力履歴の使用と削除
  5. Windows10 - IMEツールバーの表示/非表示 - 言語バー
  6. Windows10 - IME「かな入力」を有効に(オン/オフ)
  7. Windows10 - IMEのプライベートモードを有効に(オン/オフ)
  8. Windows10 - Microsoft IME のキー設定を変更する
  9. Windows10 - IMEでの入力オートコレクトの設定
  10. Windows10 - Microsoft IME 辞書を修復する
  11. Windows10 - Microsoft IME の設定を既定値(デフォルト)に戻す
  12. Windows10 - IME入力モード切替の画面中央の通知(オン/オフ)
  13. Windows10 - スペルのわからない英単語を調べる(入力) - IME
  14. Windows10 - Microsoft IME - 学習情報をファイルに保存・削除
  15. Windows10 - IME のクラウド候補機能を使用

関連記事(一部広告含む)