Windows 起動時に Skype を起動させない(自動起動の停止)

Windows 起動時に Skype を起動させないようにする方法を紹介します。

windows-skype-startup-disable-01
アプリ「Skype for Windows」をインストールするとコンピューター起動時に Skype も自動起動するように設定されるので、ここでは自動起動を停止(無効)にする方法を紹介します。

Skype - 自動起動の停止(無効)

それでは実際にアプリ「Skype for Windows」の自動起動を無効にしましょう。

windows-skype-startup-disable-02
アプリ「Skype for Windows」ウィンドウの上部メニューにある「ツール」をクリックし

windows-skype-startup-disable-03
表示されるサブメニューの中から「設定」をクリックします。

windows-skype-startup-disable-04
右カラムの一般設定にある次の項目からチェックをはずしましょう

  • コンピューター起動時にSkypeを起動

windows-skype-startup-disable-05
チェックをはずしたら「保存」をクリックします。

windows-skype-startup-disable-06
念のためコンピューターを再起動して、Skypeが起動しないことを確認しましょう。

windows-skype-startup-disable-07
このように Windows が起動しても Skype が起動しなければ、OKです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Skype関連の人気記事

  1. Windows 起動時に Skype を起動させない(自動起動の停止)
  2. Windows10 - Skype for Windows のインストール
  3. Macアプリ「Skype for Mac」のインストールと初期設定
  4. iPhoneアプリ「Skype for iPhone」 - ビデオ・音声通話
  5. Windows10 - Skype for Windows のサインインとセットアップ

関連記事(一部広告含む)