今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  4. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

タスクバーのボタン設定を変更 - Windows7

スポンサーリンク

Windows7でタスクバーのボタン設定を変更する方法を紹介します。

windows7-taskbar-button-01
デフォルトのボタン設定では、このようにいくつかのアプリケーションを起動すると、同じアプリケーションのボタンが結合されるように設定されています。

タスクバーのボタン設定を変更

ボタン設定は、アプリケーションのボタンを結合/結合しないようにしたり、ボタンにラベルを表示/非表示することもできるようので、ここではその方法を紹介します。

windows7-taskbar-button-02
タスクバーにマウスカーソルをもっていき右クリックすると、メニューが表示されるので「プロパティ」をクリックします。

windows7-taskbar-button-03
クリックすると「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、「タスクバーのボタン」の選択項目をクリックします。

windows7-taskbar-button-04
クリックすると以下の3つの選択肢が表示されるので、お好みの設定を選択します。

スポンサーリンク
  • 常に結合、ラベルを非表示(デフォルト)
  • タスクバーがいっぱいの場合に結合
  • 結合しない

それではひとつずつ見てみましょう。

常に結合、ラベルを非表示(デフォルト)

windows7-taskbar-button-05
同じアプリのボタンが結合され、ラベルが表示されません(非表示)。

タスクバーがいっぱいの場合に結合

windows7-taskbar-button-06
タスクバーがいっぱいの場合は同じアプリの一部ボタンが結合され、ラベルが表示されます。

結合しない

windows7-taskbar-button-07
アプリをたくさん起動してもボタンが結合されず、ラベルが表示されます。

以上です。お好みの設定にカスタマイズしましょう。

関連記事(一部広告含む)