Apple TV - ソフトウェアの自動アップデートのオン/オフ

Apple TV のソフトウェアの自動アップデート「オン」「オフ」の切替方法を紹介します。

デフォルトの設定では、Apple TVのソフトウェアは自動でアップデートされるように設定されています。

この設定は「オン」「オフ」を切り替えることができるので、ここではその方法を紹介します。

Apple TV - 自動アップデートのオン/オフ

それでは実際に設定してみましょう。


Apple TVのメニュー画面から「設定」を選択します。


選択すると設定メニューが表示されるので

「システム」を選択します。


「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

スポンサーリンク


デフォルトの設定ではこのように「自動アップデート」が「オン」になっています。


これを選択すると自動アップデートが「オフ」になります。

「自動アップデート」を「オン」にする場合はもう一度「自動アップデート」を選択すれば、「OK」です。

Apple TV関連の人気記事

  1. Apple TV を使って、iPhoneの画面をテレビに表示(画面ミラーリング)
  2. Apple TV の使い方と設定
  3. Apple TV - AirPlay(画面ミラーリング)の設定
  4. Apple TV の接続と初期設定
  5. Apple TV を使って、Windowsの画面をテレビに投影 - AirParrot
  6. Apple TV を使って、Macの画面をテレビに投影 - マルチディスプレイ
  7. Apple TV アカウント(Apple ID) - デバイスで設定
  8. Apple TV(第3世代)の設置と初期設定
  9. Apple TV - YouTubeを視聴する方法
  10. Apple TV で Netflix(ネットフリックス)を視聴する方法
  11. Apple TV の名前を設定・変更
  12. Apple TV のビデオ設定(解像度・リフレッシュレート)
  13. Apple TV - Appを自動アップデート/自動インストール
  14. iPhoneアプリ「Remote」 - Apple TV とペアリング/ペアリング解除
  15. Apple TV - ネットワークの設定確認・変更

関連記事(一部広告含む)