iPhone - 2段階認証の確認コードを自動削除する方法

iphone 2fa code

iPhone 2段階認証の確認コードを自動削除する方法を紹介します。

auto delete 2fa code iphone 01
アカウントのログイン時に [メッセージ] や [メール] で [確認コード] を受け取る「2段階認証」を使用する場面が増えてきましたね。2段階認証はセキュリティを向上し、アカウントへの不正アクセスを防いでくれます。

auto delete 2fa code iphone 02
ただ、何度かログインしただけで、このように [確認コード] が溜まってしまいます……。うーむ。

iOS 17 から、[確認コード] を入力すると自動削除する設定が追加されるようなので、設定方法を確認しておきましょう。

2段階認証の確認コードを自動削除する方法は?

iPhone 2段階認証の確認コードを自動削除する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    auto delete 2fa code iphone 03
    ホーム画面の [設定] をタップしましょう。

  2. [パスワード] を選択する

    auto delete 2fa code iphone 04
    iPhone の設定です。画面を下へスクロールし、[パスワード] をタップしましょう。

  3. Face ID/Touch ID/パスコードで認証する

    auto delete 2fa code iphone 05
    [Face ID/Touch ID/パスコード] のいずれかで認証しましょう。

  4. [パスワードオプション] を選択する

    auto delete 2fa code iphone 06
    パスワードの設定です。[パスワードオプション] をタップします。

  5. [自動的に削除] を [オン] にする

    auto delete 2fa code iphone 07
    画面を少し下へスクロールし、[自動的に削除] を [オン] にしましょう。

    これで自動入力で挿入した [確認コード] は自動的に削除されます。

これで iPhone 2段階認証の確認コードを自動削除する方法の解説は終了です。

iPhone の人気記事