今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  5. Windows10 - アプリ「Sticky Notes(付箋)」を使ってみた

iPhone/iPad - パスワードを AirDrop で送信する方法

スポンサーリンク

iPhone/iPadに保存しているパスワードを AirDrop で送信する方法を紹介します。

AirDrop を使用することで

例えば、iPhone に保存しているパスワードを Mac に送信すると行った操作が簡単に行えます。

なかなか便利な機能なので、使い方を覚えておきましょう。

iPhone/iPad - パスワードを AirDrop で送信

それでは実際に送信してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「パスワードとアカウント」をタップしましょう。

パスワードとアカウントの設定です。

「WebサイトとAppのパスワード」をタップします。

すると、保存しているパスワードが表示されるので

AirDrop したい「パスワード(ここではAmazon)」をタップします。

すると、このようにパスワードの詳細が表示されるので

スポンサーリンク

「パスワード」をロングタップ(長押し)しましょう。

すると、このようにポップアップが表示されるので

「AirDrop」をタップします。

すると、次のポップアップが表示されます。

AirDrop。近くの人と簡単に共有できます。iOSではコントロールセンターから、MacではFinderからAirDropをオンにすると、近くの人の名前がここにヒョ持されます。あとはタップして共有できます。

近くのデバイスを見つけると

こんな感じのアイコンが表示されるので、パスワードを送信したいデバイスをタップしましょう。

すると、パスワードが送信されます(送信済みと表示されれば、OK)。

「完了」をタップします。

関連記事(一部広告含む)