MENU

iPhone – AirDropのオン/オフ(受信相手の設定) – iPad

iPhone/iPad で、AirDropのオン/オフ(受信相手の設定)にする方法を紹介します。

AirDrop とは
近くにいる Apple デバイス(iPhone、iPad、Macなど)を使用している人と写真・ビデオ・連絡先・位置情報などを共有できる機能のことです。

AirDropを使用する場合(オンに)は「すべての人」「連絡先のみ」を受信相手に設定しましょう。AirDropを使用しない場合(オフにする)は「受信しない」ように設定すれば、OKです。

目次

AirDropのオン/オフ

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

「一般」をタップします。

「AirDrop」をタップましょう。

受信相手の選択

AirDropの受信相手を選択しましょう。

  • 受信しない
  • 連絡先のみ
  • すべての人

AirDropで近くの人とすぐにデータを共有できます。AirDropで検出可能にして、すべての人から、または連絡先に登録済みの人のみから受信可能にできます。

AirDropを使う(オンに)

AirDropを使う場合は次のどちらかを選択しましょう。

  • 連絡先のみ
  • すべての人

すべての人」は文字通り、不特定多数のすべての人とのデータが共有できる状態になります。特に理由がない場合は「連絡先のみ」を選択しておきましょう。

AirDropを使わない(オフに)

AirDropを使用しない場合は

  • 受信しない

を選択しましょう。

関連記事

目次
閉じる