MENU

iPhoneの顔認証(Face ID)を有効にする方法

iPhoneの顔認証(Face ID)を有効にする方法を紹介します。

ここではiPhoneの顔認証である「Face ID」を有効にする方法をみていきます。まだ、設定していない方は今回紹介する方法で「Face ID」を有効にしましょう。

iPhoneの新しいモデルには、「パスコード」や「Touch ID」の代わりに本人の確認をするための「Face ID」と呼ばれる容姿での認証機能が備わっています。Face IDを有効にすることで、ロックされたiPhoneの解除にパスコードを入力する必要がなく、時間と労力の節約になるので設定しておきましょう。

マスク着用時もFace IDを使用することができるようになったので、有効にしておきましょう。

顔認証(Face ID)を有効に

それでは実際に指紋認証を有効にしてみましょう。

iPhoneのホーム画面にある「設定」アイコンをタップします。

iPhoneの設定

iPhoneの設定です。
「Face IDとパスコード」をタップします。

パスコードの入力

パスコードを入力しましょう。

Face IDとパスコード

Face IDとパスコードの設定です。
「Face IDをセットアップ」をタップします。

Face IDのセットアップ

Face IDのセットアップです。

①「Face IDのセットアップ方法」を確認しましょう。
まず、顔をカメラの枠内に入れてください。それから、顔のすべての角度が表示されるように円の中で頭を動かしてください。
②「開始」をタップします。

顔のスキャン

頭を枠内に入れて
ゆっくりと頭を動かして円を描いてください。

矢印の指示が表示されたら、それに従いましょう。

1回目のFace ID スキャンの完了

1回目のFace ID スキャンが完了しました。

マスク着用時にFace IDを使用する

マスク着用時にFace IDを使用する設定です。

  • マスク着用時にFace IDを使用する
  • マスク着用時にFace IDを使用しない

どちらかを選択しましょう。「使用しない」を選択しても後から設定することができます。

ここでは「使用する」をタップしました。

2回目のFace ID スキャン

「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択すると、2回目のFace ID スキャンがはじまります。1回目と同じようにスキャンしましょう。

Face IDがセットアップされました

Face IDのセットアップが完了しました。

「完了」をタップしましょう。

Face IDの設定完了

「もう一つの容姿をセットアップ」と表示されれば、Face IDのセットアップは完了です。

Face IDの関連記事

iPhoneの顔認証(Face ID)についてまとめてみました。ご参考にどうぞ。