今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除

iPhone - Face ID(顔認証)を設定・有効(オン)にする

スポンサーリンク

iPhone の Face ID(顔認証)を設定・有効(オン)にする方法を紹介します。

Face ID とは、iPhone X から採用された新しい認証方式で、顔の固有な特徴(3D形状)を使っています。

Face ID は「ロックの解除」「iTunes/App Store の購入」……といった操作に使うことができます。

Face ID は、iPhone X の初期設定のときに有効にすることができますが、「あとで設定する」を選択した方に向けて、設定から Face ID を有効する方法をみていきます。

iPhone - Face ID(顔認証)を設定・有効(オン)に

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップします。

パスコードを入力しましょう。

Face IDとパスコードです。

画面を下へスクロールし

「Face IDを設定」をタップします。

スポンサーリンク

Face IDの設定方法
まず、顔をカメラの枠内に入れてください。それから、顔のすべての角度が表示されるように円の中で頭を動かしてください。

それでは設定しましょう。

「開始」をタップします。

頭(顔)をぐるぐると動かすと……

1回目のFace IDスキャンが完了するので

「続ける」をタップします。

すると、もう一度スキャンが実行され、

Face IDが設定されます。

「完了」をタップしましょう。

この部分が「Face IDをリセット」となっていれば、Face IDは有効になっています。

それでは画面をロックして、Face IDを試してみましょう。

関連記事(一部広告含む)