MENU

iPhone|パスコードを設定・変更する方法

iPhoneのパスコードを設定・変更する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)が盗難されたっ!あるいは紛失してしまった場合、個人情報が漏れる可能性があります。そういった状況を未然に防ぐためにパスコードを設定しておきましょう。

パスコードを設定すると、iOSデバイスをスリープから解除するとき6桁のパスコード(数字)が求められるようになるので、少しだけ機密性が高くなります。

パスコードをオン(有効)に

iPhoneにパスコードを設定するには次の手順で操作します。

手順
  1. ホーム画面の「設定」をタップし、設定アプリを起動しましょう。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。
  3. 「パスコードをオンにする」をタップし
  4. 新しく設定する「パスコード」を入力しましょう。
  5. 「新しいパスコードを確認」するために再度同じパスコードを入力します。
  6. これでパスコードの設定は完了です。場合によって、Apple IDのパスワードを入力する必要があります。

パスコードを変更

パスコードを変更する場合は次の手順で操作します。

手順
  1. ホーム画面の「設定」をタップし、設定アプリを起動しましょう。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。
  3. 「パスコードを変更」をタップし
  4. 「古いパスコード」を入力します。
  5. 「新しいパスコード」を入力しましょう。
  6. 「新しいパスコードを確認」するために再度同じパスコードを入力します。
  7. これでパスコードの変更は完了です。

複雑なパスコードを設定

iPhoneでは「6桁の数字」のパスコードだけではなく、より複雑な「カスタムの英数字」のパスコードを設定することができます。

複雑なパスコードを設定する場合は次の手順で操作しましょう。

手順
  1. ホーム画面の「設定」をタップし、設定アプリを起動しましょう。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。
  3. 「パスコードを変更」をタップし
  4. 「古いパスコード」を入力します。
  5. 「新しいパスコード」の入力画面で、「パスコードオプション」をタップし
  6. 「カスタムの英数字コード」を選択します。
  7. パソコンと同じような「英数字の複雑なパスコード」を入力します。
  8. 「新しいパスコードを確認」するために再度同じパスコードを入力しましょう。
  9. これで複雑なパスコードの設定完了です。

4桁の短いパスコードを設定

iPhoneのデフォルト設定では「6桁の数字」のパスコードになっていますが、「4桁の数字」の短いパスコードを使用することができます。

マスク着用が習慣化した現在では、iPhoneのロックを解除するたびに「6ケタ」のパスコードを入力するのはめんどくさいので、必要であれば「6ケタ」から「4ケタ」にパスコードを変更する方法をみていきます。

手順
  1. ホーム画面の「設定」をタップし、設定アプリを起動しましょう。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。
  3. 「パスコードを変更」をタップし
  4. 「古いパスコード」を入力します。
  5. 「新しいパスコード」の入力画面で、「パスコードオプション」をタップし
  6. 「4桁の数字コード」を選択します。
  7. 「新しいパスコード(4桁の数字)」を入力します。
  8. 「新しいパスコードを確認」するために再度同じパスコードを入力しましょう。
  9. これで「4桁の数字」のパスコードの設定完了です。

Apple Watchを使用したロック解除方法もあるので、合わせてご覧ください。

パスコードをオフ(無効)に

iPhoneのパスコードをオフ(無効)にする場合は次の手順で操作します。

手順
  1. ホーム画面の「設定」をタップし、設定アプリを起動しましょう。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。
  3. 「パスコードをオフにする」をタップします。
  4. 「パスコードをオフにしますか?」というポップアップが表示されるので、「オフにする」をタップします。
  5. Apple IDの「パスワード」を入力し、「オフにする」をタップします。
  6. 「パスコード」を入力すると
  7. パスコードがオフになります。

パスコードをオフにすると
Apple Payカードは削除され、Apple Watchのロックが自動的に解除されなくなります。

iPhoneの関連記事

その他のiPhoneの関連記事です。合わせてご覧ください。