今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  4. Windows10 - ユーザーアカウントの削除
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - パスコードの設定(オン/オフ)

スポンサーリンク

iPhone/iPadでパスコードのオン/オフとコードを変更する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)が盗難されたっ!あるいは紛失してしまった場合、個人情報が漏れる可能性があります。そういった状況を未然に防ぐためにパスコードを設定しておきましょう。

パスコードを設定すると、iOSデバイスをスリープから解除するとき6桁のパスコード(数字)が求められるようになるので、少しだけ機密性が高くなります。

iPhone/iPad - パスコードの設定(オン/オフ)

それでは実際に設定してみましょう。

※ ここでは iPhone の画面を使って設定していますが、iPad でも同じように設定することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップします。

パスコードをオンにする

Face IDとパスコードの設定です。

画面を下へスクロールし

「パスコードをオンにする」をタップします。

「パスコード」を入力しましょう。

スポンサーリンク

新しいパスコードの確認です。

先程、入力した「パスコード」を入力しましょう。

すると、次のようなポップアップが表示されます。

Apple IDパスワード
新しいパスコードを使用してこのiPhoneからApple IDパスワードを変更できます。続けるには ○× のApple IDパスワードを入力してください。

とのことです。

「Apple IDパスワード」を入力し、「続ける」をタップしましょう。

これでパスコードがオンになりました。

iPhoneの画面ロックを解除する際に「パスコード(あるいは Face ID)」を入力する必要があります。

パスコードをオフにする

次はパスコードをオフにしてみましょう。

「パスコードをオフにする」をタップします。

「パスコード」を入力すると

このようにパスコードがオフになります。

関連記事(一部広告含む)