今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad - ロック中にアクセス許可する機能を設定

スポンサーリンク

パスコードでロックされている iPhone/iPad にアクセス許可する(使用できる)機能を設定を設定する方法を紹介します。

個人情報を見られたくない(セキュリティーを強化したい)方はパスコード・ロック中にアクセスできる機能を制限しましょう。

すべての項目を「オフ」しておいても問題ないかもしれませんね。

iphone-allow-access-lock-passcode-01

パスコードを「オン」にしていない方はこちらを参考にパスコードを「オン」にしましょう。

※ iOS9以降のパスコードは6桁になり、セキュリティーがより強化されています。

スポンサーリンク

ロック中にアクセス許可する機能を設定

それでは設定方法をみていきます。

iphone-allow-access-lock-passcode-02

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

iphone-allow-access-lock-passcode-03

「設定」です。

画面を下へスワイプします。

iphone-allow-access-lock-passcode-04

「Touch IDとパスコード」をタップします。

iphone-allow-access-lock-passcode-05

「Touch IDとパスコード」です。

画面を下へスワイプします。

iphone-allow-access-lock-passcode-06

「ロック中にアクセスを許可」から次の設定(オン/オフ)を行えます。

  • 今日
  • 通知の表示
  • Siri
  • メッセージで返信
  • Wallet
iphone-allow-access-lock-passcode-07

ロック中にこれらの機能を使っていない方は、このようにすべてを「オフ」にしておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事と広告