iPhone/iPad - ロック中にアクセス許可する機能を設定

パスコードでロックされている iPhone/iPad にアクセス許可する(使用できる)機能を設定を設定する方法を紹介します。

個人情報を見られたくない(セキュリティーを強化したい)方はパスコード・ロック中にアクセスできる機能を制限しましょう。

すべての項目を「オフ」しておいても問題ないかもしれませんね。

ロック中にアクセス許可する機能を設定

それでは設定方法をみていきます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

「設定」です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップします。

「パスコード」を入力しましょう。

「Face IDとパスコード」です。

画面を下へスクロールしましょう。

「ロック中にアクセスを許可」から次の設定(オン/オフ)を行えます。

  • 今日の表示
  • 通知センター
  • コントロールセンター
  • メッセージで返信
  • ホームコントロール
  • 不在着信にかけ直す
  • USBアクセサリ
  • USBアクセサリ
    iPhoneがロックされてから1時間以上経ったときにUSBアクセサリを接続できるようにするにはiPhoneのロックを解除します。

ロック中にこれらの機能を使っていない方は、このようにすべてを「オフ」にしておくといいかもしれませんね。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

設定関連の人気記事

  1. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  2. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  3. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  4. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  5. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  6. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  7. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  8. iPhone - iCloud写真を無効化して削除 - iCloudの容量削減 - iPad
  9. iPadの初期設定
  10. iPhone とソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」をペアリング(接続)
  11. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  12. iPhone - ゲームセンターのニックネームを変更
  13. iPhone - Wi-Fi ネットワーク設定の削除 - iPad
  14. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)
  15. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)

関連記事(一部広告含む)