MENU

iPhone - パスコード10回失敗するとデータを消去するように設定する方法

iPhone のパスコードを10回失敗するとデータを消去するように設定する方法を紹介します。

iPhone をパスコードでロックすると、ロック解除時にパスコードの入力を要求されるので、第三者に iPhone の中身が見られないように保護することができます。


パスコードを「オン」にしていない方はこちらを参考にパスコードを「オン」にしましょう。

パスコード10回失敗するとデータ消去するように設定する方法は?

iPhone パスコード10回失敗するとデータ消去するように設定する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する


    ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

  2. [Face IDとパスコード] を選択する


    iPhone の設定です。[Face IDとパスコード] をタップします。

  3. [パスコード] を入力する

  4. [データを消去] を [オン] にする


    [データを消去] を [オン] にしましょう。


    [有効にする] をタップします。

    パスコードの入力に10回失敗すると、このiPhone上のすべてのデータが消去されます。


    これで [データを消去] が [オン] になりました。

  5. パスコードを間違えると……


    パスコードを間違えると……「iPhoneは使用できません。1分後にやり直してください。」と表示され、iPhone が使用できなくなります。

    10回パスコードを間違えると……データが消去(初期化)されます……。

これで iPhone のパスコード10回失敗するとデータを消去するように設定する方法の解説は終了です。

iPhone の人気記事