MENU

iPhoneのTouch IDが使用する項目を設定する方法

iPhoneのTouch IDが使用する項目を設定する方法を紹介します。

iPhoneで指紋認証(Touch ID)を有効にすると

  • iPhoneのロックを解除
  • iTunes StoreとApp Store
  • ウォレットとApple Pay
  • パスワードの自動入力

する際にTouch IDを使用することができるようになります。

iPhoneのロックを解除する際にわずらわしいパスコードの入力が不要になったり……App Storeでの購入の際にApple IDパスワードが不要になったり……といった感じで時間と労力の節約になります。

また、上記の項目はTouch IDを使用する/使用しないを設定することができるので、ここではその方法をみていきます。

Touch IDが使用する項目を設定

それでは実際に設定してみましょう。

iPhoneのホーム画面にある「設定」アイコンをタップします。

iPhoneの設定

iPhoneの設定です。
「Touch IDとパスコード」をタップします。

パスコードの入力

パスコードを入力しましょう。

Touch IDを使用する項目の設定

Touch IDを使用する項目です。

Touch IDを有効にすると、すべての項目が「オン」になっています。


Touch IDを使用概要
iPhoneのロック解除iPhoneのロック解除にTouch IDを使用することができます。パスコードの入力が不要になります。
iTunes StoreとApp Storeアプリをダウンロードするときにパスコードの代わりに、Touch IDを使用することができます。
ウォレットとApple PayウォレットとApple Payを使用するときにTouch IDを使用します。コンビニ決済時など。
パスワードの自動入力iCloudキーチェーン(iCloudに保存されたパスワード)を使用するときにTouch IDを使用します。

使用する項目は「オン」にして、使用しない項目は「オフ」にしておきましょう。

「ウォレットとApple Pay」の設定を「オフ」にすると、Touch IDを必要とするウォレットの特定のカードやパスにアクセスできなくなるので、注意しましょう。

Touch IDの関連記事

iPhoneの指紋認証(Touch ID)についてまとめてみました。ご参考にどうぞ。