iPhone - Face ID(顔認証)を使用する項目の設定

スポンサーリンク

iPhone の Face ID(顔認証)の設定を紹介します。

Face ID とは、iPhone X から採用された新しい認証方式で、顔の固有な特徴(3D形状)を使っています。

Face ID は「ロックの解除」「iTunes/App Store の購入」……といった操作に使うことができます。

ここでは Face ID の使用項目や注視などの設定方法をみていきます。

iPhone - Face ID(顔認証)の設定(使用する項目、注視)

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップします。

パスコードを入力しましょう。

Face ID を使用する項目の設定です。

  • iPhoneのロックを解除
  • Apple Pay
  • iTunes StoreとApp Store
  • Safari自動入力
  • その他のApp

iPhoneで顔の固有な特徴を3次元的に認識し、Appに安全にアクセスしたり、支払いを行うことができます。

「その他のApp」をタップすると

認証にFace IDを使用することを要求したAppがここに表示されます。

この例では次の2つがFace IDを使用します。

  • 1Password
  • Suica

必要に応じて、「オン/オフ」を設定しましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)