iPhone - Face ID(顔認証)を使用する項目の設定

Last Update:

iPhone の Face ID(顔認証)の設定を紹介します。

Face ID とは、iPhone X から採用された新しい認証方式で、顔の固有な特徴(3D形状)を使っています。

Face ID は「ロックの解除」「iTunes/App Store の購入」……といった操作に使うことができます。

ここでは Face ID の使用項目や注視などの設定方法をみていきます。

iPhone - Face ID(顔認証)の設定(使用する項目、注視)

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップします。

パスコードを入力しましょう。

Face ID を使用する項目の設定です。

  • iPhoneのロックを解除
  • Apple Pay
  • iTunes StoreとApp Store
  • Safari自動入力
  • その他のApp

iPhoneで顔の固有な特徴を3次元的に認識し、Appに安全にアクセスしたり、支払いを行うことができます。

「その他のApp」をタップすると

認証にFace IDを使用することを要求したAppがここに表示されます。

この例では次の2つがFace IDを使用します。

  • 1Password
  • Suica

必要に応じて、「オン/オフ」を設定しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

設定関連の人気記事

  1. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  2. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  3. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  4. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  5. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  6. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  7. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  8. iPadの初期設定
  9. iPhone - iCloud写真を無効化して削除 - iCloudの容量削減 - iPad
  10. iPhone - Wi-Fi ネットワーク設定の削除 - iPad
  11. iPhoneのプライバシー - アプリのカメラ利用を許可(オン/オフ) - iPad
  12. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  13. iPhone - ゲームセンターのニックネームを変更
  14. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)
  15. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)

関連記事(一部広告含む)