今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す

iPhone の Face ID(顔認証)の設定(使用する項目、注視)

スポンサーリンク

iPhone の Face ID(顔認証)の設定を紹介します。

Face ID とは、iPhone X から採用された新しい認証方式で、顔の固有な特徴(3D形状)を使っています。

Face ID は「ロックの解除」「iTunes/App Store の購入」……といった操作に使うことができます。

ここでは Face ID の使用項目や注視などの設定方法をみていきます。

iPhone X - Face ID(顔認証)の設定(使用する項目、注視)

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップします。

スポンサーリンク

パスコードを入力しましょう。

Face ID とパスコードです。

Face ID を使用する項目の設定です。

  • iPhoneのロックを解除
  • Apple Pay
  • iTunes StoreとApp Store
  • Safari自動入力
  • その他のApp

「その他のApp」は、例えば「1Passwordのロック解除」などでFace IDの利用を設定できます。

不要なものは「オフ」にしておいたほうがいいでしょう。

注視の設定です。

  • Face IDを使用するには中止が必要

TrueDepthカメラはセキュリティレベルを向上させるために、あなたがiPhoneを見ていることを確認してからロックを解除します。サングラスをかけていうと、注視検出が機能しない場合があります。

セキュリティ強化のために「オン」にしておいたほうがいいでしょう。

  • 画面注視認識機能

画面を暗くしたり、通知音の音量を下げたりする前に、あなたが注視しているかどうかをTrueDepthカメラで確認します。

関連記事(一部広告含む)