今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  5. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録

iPhone - 画面注視機能の設定(Face ID)

スポンサーリンク

iPhone - 画面注視機能の設定(Face ID)を紹介します。

iPhone X には、ユーザーが画面を見ているかどうかを判断することができる画面注視機能なるものが搭載されています。

これにより、Face ID でのロック解除には、目をはっきりと開けて画面を見ることを求められます。セキュリティレベルが向上が期待できますね。

ただ、サングラスをかけているとロックが解除できない……といった利便性を害する場合が稀にあるので、画面注視機能をオフにする方法をみていきます。

※ セキュリティ上、好ましくないので特に理由がない場合は画面注視機能はオンにしておきましょう。

iPhone - 画面注視機能の設定(Face ID)

それでは実際に設定を変更してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップしましょう。

設定です。

画面を下へスクロールし

「Face IDとパスコード」をタップしましょう。

「パスコードを入力」しましょう。

「Face IDとパスコード」の設定です。

「注視」という項目に2つの設定があります。

ひとつずつみていきましょう。

スポンサーリンク

Face IDを使用するには中止が必要
TrueDepthカメラはセキュリティレベルを向上させるために、あなたがiPhoneを見ていることを確認してからロックを解除します。サングラスをかけていると、注視検出が機能しない場合があります。

この注視機能が不要な場合は「オフ」にしましょう。

すると、次のようなポップアップが表示されるので

Face IDの安全性を高めるには注視が必要です
これをオフにすると、目をはっきりと開けて画面を見ていなくてもFace IDはiPhoneのロックを解除します。

「OK」をクリックしましょう。

すると、このように「オフ」になります。

画面注視認識機能
画面を暗くしたり音量を下げたりする前に、あなたが注視ているかどうかをTrueDepthカメラで確認します。

この注視機能が不要な場合は「オフ」にしましょう。

これで設定が「オフ」になります。

関連記事(一部広告含む)