今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  3. Windows10 - リモートデスクトップを有効(オン)に(コントロールパネル)
  4. Windows10 October 2018 Update(1809)へアップデートする方法
  5. Windows10 の使い方と設定

Dropbox - 同期を一時停止

スポンサーリンク

ここでは「Windows」「Mac」のDropboxの同期を一時停止する方法を紹介します。

Windows - 同期の一時停止

dropbox stop sync-01
タスクバーの右の方にある通知領域の「△」をクリックします。

dropbox stop sync-02
クリックすると非表示のシステムアイコンが表示されるので、その中から「Dropbox」アイコンをクリックします。

dropbox stop sync-03
クリックするとDropboxの変更されたファイルなどを確認する小さなウィンドウが表示されるので、左上の「最新の状態」をクリックします。

dropbox stop sync-04
クリックすると「同期を一時停止」と表示されます。

これでDropboxの同期が一時停止されます。同期を再開したい場合は「同期を一時停止」をクリックすれば、OKです。

あるいは!

dropbox stop sync-05
「歯車」マークをクリックし、

スポンサーリンク

dropbox stop sync-06
「同期を一時停止」をクリックしても、同期が一時停止されます。

Mac OS X - 同期の一時停止

dropbox stop sync-07
メニューバーの「Dropbox」アイコンをクリックします。

dropbox stop sync-08
クリックするとDropboxの変更されたファイルなどお知らせする「吹き出し」が表示されるので、左下の「最新の状態」をクリックします。

dropbox stop sync-09
するとDtopboxの同期は一時停止され、「同期を一時停止」と表示されます。

dropbox stop sync-10
同期の一時停止中はアイコンがこのようになります。

あるいは!

dropbox stop sync-11
「吹き出し」の右下にある「歯車」マークをクリックし、

dropbox stop sync-12
「同期を一時停止」をクリックしても、同期が一時停止されます。

関連記事(一部広告含む)