Dropbox - ファイルを以前のバージョンに復元

Dropboxのファイルを以前のバージョンに復元する方法を紹介します。

Dropboxの無料プラン「ベーシック」では、ファイルの変更履歴がなんと!30日間も保持されています。そのため、誤ってファイルを編集しても簡単に以前の古いバージョンに戻すことができます。

それではファイルを以前のバージョンに復元する方法をみていきます。

dropbox-file-recovery-old-version-01
「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

dropbox-file-recovery-old-version-02
クリックするとDropboxに保存されているフォルダ・ファイル一覧が表示されるので、その中から以前のバージョンに復元したいファイルを選択します。

※ ここでは「めもめも.txt」というファイルを選択しています。

dropbox-file-recovery-old-version-03
選択すると、このファイルを操作するメニューが上部に表示されるので、

dropbox-file-recovery-old-version-04
右の方にある「詳細」をクリックします。

dropbox-file-recovery-old-version-05
クリックすると、このように小さなポップアップが表示されるので、その中から「以前のバージョン」をクリックします。

dropbox-file-recovery-old-version-06
すると「'めもめも.txt' のバージョン履歴」というページが表示されます。

Dropbox では、ユーザーがファイルを保存するたびにバックアップが取られています。次のバージョンのいずれかを選択し、プレビューを実行するか、'めもめも.txt'を復元することができます。

「バージョン *」をクリックするとそのファイルのプレビューが表示されます。

以前のバージョンに復元する場合は「バージョン *」を選択し、画面右下の「復元」をクリックします。

dropbox-file-recovery-old-version-07
クリックすると、このように「めもめも.txt を復元しました。」というメッセージが表示されます。

これで、ファイルを以前のバージョンに復元することができました。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Dropbox関連の人気記事

  1. Dropboxの使い方と設定
  2. Dropboxのリンクを解除
  3. Windows10 - Dropboxのダウンロードとインストール
  4. Dropbox - ログインとログアウトする方法 - ブラウザー
  5. Dropbox - 同期を一時停止
  6. Mac - Dropboxのダウンロードとインストール
  7. Windows - Dropboxの基本設定
  8. Dropboxアカウント - メールアドレス・パスワードの変更
  9. Dropboxアカウントの削除方法
  10. Macアプリ「Dropbox」 - 同期しないフォルダを設定(選択型同期)
  11. Mac - Dropboxの基本設定
  12. iPhone/iPadアプリ「Dropbox」- 新しいテキストファイルを作成する
  13. Windowsストア・アプリ「Dropbox」のインストールとログイン
  14. iPhoneアプリ「Dropbox」のインストールと初期設定
  15. Dropbox - 使用容量/最大容量を確認する方法

関連記事(一部広告含む)