Dropbox - プロ(有料版)の解約 - ダウングレード

ここではDropboxのプロプラン(有料版)を解約、ダウングレードする方法を紹介します。

プロプランへアップグレードすると利用できる容量が大幅にアップします!が、あんまり容量を使っていない方やDropboxアカウントを削除予定の方は、まずプロプランを解約しましょう。

プロ(有料版)の解約 - ダウングレード

dropbox-downgrade-01
ダウングレードするDropboxアカウントの「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

dropbox-downgrade-02
ログインするとフォルダ・ファイルの一覧が表示されるので、画面右上のユーザー名をクリックします。

dropbox-downgrade-03
クリックすると、このようにポップアップが表示されるので、その中から「設定」をクリックします。

dropbox-downgrade-04
「設定 - プロフィール」ページです。

上部タブメニュー「アカウント」をクリックします。

dropbox-downgrade-05
「設定 - アカウント」ページです。

「アカウントのタイプを変更」をクリックします。

dropbox-downgrade-06
クリックすると「Dropbox プランを選択してください」というページが表示されるので、下の方にある「ベーシックアカウントにダウングレード」をクリックします。

dropbox-downgrade-07
すると「ダウングレード」すると容量がダウンしますよ。というメッセージが表示されます。

dropbox-downgrade-08
問題なければ、画面右下の「ダウングレードします」をクリックします。

dropbox-downgrade-09
「ダウングレード理由」ページです。

ダウングレード理由を選択し、「プランをキャンセルする」をクリックします。

dropbox-downgrade-10
すると「アカウントがダウングレードされました。フィードバックありがとうございます。」というメッセージが表示されます。

dropbox-downgrade-11
また、このようなにダウングレード通知メールが届きます。このメールにはプロプランの利用期限と容量ダウン後のファイルについて記載されています(以下引用)。

Dropbox Pro 100 の追加容量や機能は XXXX までご利用いただけます。

容量が低下しても、これまでに保存したファイルが削除されることはありません。ただし、○○GB以上の容量をお使いになる場合は、新しいファイルをDropboxに追加することはできません。

その他のサービスの解約・退会まとめ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Dropbox関連の人気記事

  1. Dropboxの使い方と設定
  2. Dropboxのリンクを解除
  3. Windows10 - Dropboxのダウンロードとインストール
  4. Dropbox - ログインとログアウトする方法 - ブラウザー
  5. Dropbox - 同期を一時停止
  6. Mac - Dropboxのダウンロードとインストール
  7. Windows - Dropboxの基本設定
  8. Dropboxアカウント - メールアドレス・パスワードの変更
  9. Dropboxアカウントの削除方法
  10. Macアプリ「Dropbox」 - 同期しないフォルダを設定(選択型同期)
  11. Mac - Dropboxの基本設定
  12. iPhone/iPadアプリ「Dropbox」- 新しいテキストファイルを作成する
  13. Windowsストア・アプリ「Dropbox」のインストールとログイン
  14. iPhoneアプリ「Dropbox」のインストールと初期設定
  15. Dropbox - 使用容量/最大容量を確認する方法

関連記事(一部広告含む)