今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Chrome拡張機能「Swipe Gesture」 2本指のスワイプで、ページ間を戻る・進む

スポンサーリンク

Google Chromeの拡張機能「Swipe Gesture」を紹介します。

拡張機能「Swipe Gesture」を使えば、Mac OS X のような2本指でのスワイプ・ジェスチャーでページ間を戻る・進むといった操作を Chrome で行えるようになります。

This has been tested on Windows 7 on Bootcamp.
(この拡張機能は、BootCamp上の Windows7 でテストしています。)

とのことなので、Mac と BootCamp上のWindows の操作の違いを是正するために作成された拡張機能のようです。

それでは拡張機能の追加・設定方法をみていきます。

Google Chrome拡張機能「Swipe Gesture」

google-chrome-extention-swipe-gesture-01
Google Chrome を起動し、

スポンサーリンク

google-chrome-extention-swipe-gesture-02
Swipe Gesture です。右上の「CHROMEに追加」ボタンをクリックします。

google-chrome-extention-swipe-gesture-03
すると、「新しい拡張機能の確認」というポップアップが表示されるので、「追加」をクリックします。

google-chrome-extention-swipe-gesture-04
クリックすると、「Swipe Gesture が Ghrome に追加されました。」という吹き出しが右上に表示されます。

これで拡張機能の追加が完了しました。次は設定をみていきます。

google-chrome-extention-swipe-gesture-05
右上の「≡」メニューボタンをクリックすると、

google-chrome-extention-swipe-gesture-06
メニューが表示されるので「その他のツール」→「拡張機能」をクリックします。

google-chrome-extention-swipe-gesture-07
すると、追加した拡張機能リストが表示されるので、Swipe Gesture の「オプション」をクリックします。

google-chrome-extention-swipe-gesture-08
Swipe Gesutres の設定ページです。

デフォルトの設定では次のように設定されています。

  • Simple Gestures
    → Forward
    ← Back
    ↑ Open Setting
    ↓ Disabled
  • Diagonal Gestures
    ↖ Previous Tab
    ↗ Next Tab
    ↘ Disabled
    ↙ Disabled

設定を変更する場合は、矢印の右にある選択項目を変更しましょう。

google-chrome-extention-swipe-gesture-10
Activation Threshold を調整するとスワイプの感度、というかスワイプする長さを設定することができます。お好みに合わせて設定しましょう。

google-chrome-extention-swipe-gesture-09
「Flip Arrow Direction」にチェックを入れるとスワイプ方向の認識を反転させることができます。

スポンサーリンク