今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

2ファクタ認証で icloud.com にサインイン(Apple ID) - ブラウザ

スポンサーリンク

2ファクタ認証を有効にしたアカウント(Apple ID)で、icloud.com にサインインする方法を紹介します。

2ファクタ認証で icloud.com サインイン

それでは実際にサインインしてみましょう。

スポンサーリンク


icloud.com です。

次の項目を入力し

  • Apple ID
  • パスワード

サインインしましょう。


すると、「2ファクタ認証」の画面が表示されます。


デバイスを探す必要がある場合は2ファクタ認証を行わずに

  • iPhoneを探す
  • Apple Pay
  • Apple Watch の設定

といった作業をすることができます。

さて、2ファクタ認証に戻ります。

iPhone をみてみると

このようなポップアップ(地図も)が表示されるので

Apple ID サインインが要求されました
ご利用の Apple ID が◯×(地名)近辺で iPad にサインインするために使用されています。

「許可」をタップしましょう。

すると、「Apple ID 確認コード」というポップアップが表示されます。

Apple ID 確認コード
サインインするには、この確認コードを iPad に入力してください。
6桁の数字


ブラウザに戻り、確認コードを入力しましょう。


すると、次のようなポップアップが表示されます。

このブラウザを信頼しますか?
このブラザを信頼できるものとして選択すると、次回サインイン時に確認コードの入力が不要になります。

とのことです。

  • 信頼しない
  • 信頼する

どちらかをクリックしましょう。


これで icloud.com にサインイン完了です。

このようにさまざまな操作(メール、連絡先、カレンダー……)を行うことができます。

スポンサーリンク