iPhoneアプリ「Chrome」 - 帯域幅の設定(ページのプリロード)

Last Update:

iPhoneアプリ「Chrome」の帯域幅の設定を紹介します。

プリロードとは、ユーザーが閲覧する可能性のあるページを予測して、そのページを(バックグラウンドで)あらかじめ読み込む機能のことです。そのため、表示・動作を高速化することができますが、通信量は増えてしまいます……。

自宅などのWi-Fi環境では問題ありませんが、モバイル通信環境だと……通信量が気になりますね。

ということで、ここでは帯域幅の設定(プリロード)をみてみましょう。

iPhoneアプリ「Chrome」 - 帯域幅の設定(ページのプリロード)

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面からアプリ「Chrome」を起動しましょう。

画面右上の「︙」をタップすると

このようにメニューが表示されるので

「設定」をタップしましょう。

設定です。

「帯域幅」をタップしましょう。

「ウェブページのプリロード」をタップしましょう。

Google Chrome には、インターネットのデータやウェページの読み込み速度を管理できる機能があります。

  • 常に使用
  • Wi-Fi接続時のみ
  • 使用しない

デフォルトでは「Wi-Fi接続時のみ」になっているので、お好みで設定しましょう。

設定したら、画面右上の「完了」をタップします。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Google Chrome関連の人気記事

  1. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  2. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  3. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  4. Google Chrome - flags(試験運用版の機能)の使い方
  5. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  6. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  7. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  8. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  9. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  10. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  11. Google Chrome の使い方と設定
  12. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  13. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  14. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  15. Chrome - すべてのブックマークを一括削除

関連記事(一部広告含む)