iPhoneアプリ「Chrome」 - 閲覧履歴の消去(クッキー、パスワード)

Last Update:

iPhoneアプリ「Chrome」で閲覧した履歴を消去する方法を紹介します。

また、Cookie、サイトデータ、キャッシュ、パスワード……なども一緒に削除することができるので、合わせて紹介します。

iPhoneアプリ「Chrome」 - 閲覧履歴の削除

それでは実際に削除してみましょう。

ホーム画面からアプリ「Chrome」を起動しましょう。

画面右上の「︙」をタップすると

このようにメニューが表示されるので

「履歴」をタップしましょう。

閲覧履歴です。

このように時系列に閲覧した履歴が表示されます。

履歴の個別削除

画面左下の「編集」をタップすると

このように履歴を選択できるようになるので

削除したい履歴をタップし

「削除」をタップしましょう。

すると、個別の履歴を削除することができます。

すべての閲覧履歴を削除

画面左下の「閲覧履歴を消去」をタップすると

削除するデータの選択画面が表示されます。

  • 閲覧履歴
  • Cookie、サイトデータ
  • キャッシュされた画像とファイル
  • 保存したパスワード
  • 自動入力のデータ

削除したい項目にチェックを入れ

「閲覧履歴の消去」をタップしましょう。

すると、次のようなポップアップが表示されるので

「閲覧履歴の消去」をタップしましょう。

Chrome データの消去完了です。

「OK」をタップしましょう。

Googleアカウントの他の形式の閲覧履歴が「history.google.com」に残ることがあります。

とのことです。気になる方は「history.google.com を開く」をタップしましょう。

「完了」をタップすると

このように閲覧履歴が削除されていることを確認することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Google Chrome関連の人気記事

  1. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  2. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  3. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  4. Google Chrome - flags(試験運用版の機能)の使い方
  5. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  6. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  7. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  8. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  9. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  10. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  11. Google Chrome の使い方と設定
  12. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  13. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  14. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  15. Chrome - すべてのブックマークを一括削除

関連記事(一部広告含む)