今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhoneアプリ「Instagram」で 撮影した写真を投稿(シェア)する方法

スポンサーリンク

iPhoneアプリ「Instagram」を使って、撮影した写真を投稿する方法を紹介します。

アプリ「Instagram」には、iPhoneのカメラにアクセスし、写真を撮影することができます。また、その写真にフィルターをかけ、編集・投稿(シェア)することができるので、ここではその方法をみていきます。

アプリ「Instagram」で 撮影した写真を投稿(シェア)

それでは実際にアプリ「Instagram」で写真を撮影し、それを投稿してみましょう。

スポンサーリンク

アプリ「Instagram」を起動し

画面下部の「+」アイコンをタップし

画面下部の「写真」をタップします。

すると、このようにカメラが起動します。

アプリ「Instagram」にカメラのアクセスを許可していない場合は許可しましょう。

下にある「◯」をタップすると、写真が撮影されます。

写真を撮影すると「フィルター」を選ぶことができます。

  • Normal
  • Clarendon
  • Gingham
  • ……

……などさまざまななフィルターが表示されるので、いい色合いのフィルターを選択しましょう。

フィルターを選択したら、「次へ」をタップしましょう。

写真の「編集」です。

  • 調整
  • 明るさ
  • コントラスト
  • ……

……などさまざまなな「編集」が用意されているので、お好みの編集を行いましょう。

「次へ」をタップします。

投稿する写真に以下の情報を付加することができます。

  • キャプションを書く
  • タグ付けをする
  • 位置情報を追加
  • Facebook
  • Twitter
  • ……

「シェアする」をタップすると

このように写真を投稿(シェア)することができます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)