iPhone - AirPods の自動切り替えを無効に

AirPodsの自動切り替えを無効にする方法を紹介します。

AirPods の「自動切り替え」とは、複数のAppleデバイス間を自動的に切り替えてくれる機能のことです。Appleデバイスで音楽を再生し始めると、AirPods が自動的に切り替わります。


自動的に切り替わった場合は「Moved to XXX」と表示され、「青いアイコン」をタップすると切り替わった AirPods を元のデバイスに戻すことができます。

便利な「自動切り替え」機能ですが、AirPodsが意図せずに別のデバイスに奪われることがあるので、ここではこの機能を無効にする方法をみていきます。

AirPods の自動切り替えを無効に

それでは実際に設定してみましょう。


ホーム画面の「設定」をタップします。


設定です。「Bluetooth」をタップします。


Bluetoothが「オン」になっていることを確認しましょう。


自分のデバイスから AirPods Pro が接続されていることを確認し


右側にある「i」をタップします。


AirPods Pro の設定です。「このiPhoneに接続」をタップしましょう。


デフォルトでは「自動」になっているので


「このiPhoneに前回接続していた場合」を選択しましょう。

これでAirPodsが自動的に切り替わらなくなります。

AirPodsの使い方

iPhoneの使い方

関連記事(一部広告含む)