MENU

Mac - AirPodsの自動切り替えを無効にする方法

AirPodsの自動切り替えを無効にする方法を紹介します。

AirPodsの自動切り替えとは?

AirPodsの「自動切り替え」とは、複数のAppleデバイス間(Mac・iPhone・iPad)を自動的に切り替えてくれる機能のことです。Appleデバイスで音楽を再生し始めると、AirPodsが自動的に切り替わります。

このようにMacで、音楽を再生し始めると


AirPodsが自動的にMacに接続されます。

ひとつのAirPodsで、iPhone⇔Macといったように接続を切り替える「自動切り替え」機能ですが、AirPodsが意図せずに別のデバイスに奪われることがあるので、ここではこの機能を無効にする方法をみていきます。

AirPodsの自動切り替えを無効にする方法は?

AirPodsの自動切り替えを無効は次の手順です。

AirPodsの自動切り替えを無効にする方法
  1. アップルメニューから [システム環境設定] を起動します。
  2. システム環境設定の [Bluetooth] を選択します。
  3. [AirPods] を接続し、[オプション] をクリックします。
  4. [このMacに接続] を [自動] → [このMacに前回接続していた場合] に切り替えましょう。
  5. これでAirPodsが自動的に切り替わらなくなります。

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

アップルメニューからシステム環境設定


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックしましょう。

システム環境設定→Bluetooth


システム環境設定です。「Bluetooth」をクリックします。

AirPodsの接続


Bluetoothの設定です。まずは、AirPodsを接続しましょう。


接続したら、「オプション」をクリックします。

AirPodsのオプション


このMacに接続が「自動」になっているので

AirPodsの自動切り替えを無効に


「このMacに前回接続していた場合」を選択しましょう。

これでAirPodsが自動的に切り替わらなくなります。

AirPods関連の記事

Macの使い方と設定