今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  4. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  5. Windows10 - デスクトップ・アイコンの設定(表示/非表示)

iPhone/iPad - 視覚効果(アニメーション)を減らす(オン/オフ)

スポンサーリンク

iPhone/iPad の視覚効果(アニメーション)を減らす方法を紹介します。

iOSデバイス操作時のアプリの切替や画面遷移……をする場合の視覚効果(アニメーション)は減らすことができるので、ここではその方法をみていきます。

また、効果付きのメッセージを自動再生しないようにも設定できるので、合わせてみていきます。

iPhone/iPad - 視覚効果(アニメーション)を減らす(オン/オフ)

それでは実際に設定してみましょう。

※ ここでは iPhone の画面を使って操作方法を解説しますが、iPad でも同じ操作で設定することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「一般」をタップします。

一般設定です。

「アクセシビリティ」をタップします。

アクセシビリティの設定です。

「視覚効果を減らす」をタップしましょう。

スポンサーリンク

デフォルトでは「視覚効果を減らす」は「オフ」になっています。

アイコンの視差効果など、ユーザーインターフェースの動きを減らします。

アニメーションを減らしたい場合は

「視覚効果を減らす」は「オン」にしましょう。

「メッセージエフェクト自動再生」が「オン」になっています。

これが「オン」の場合は、効果付きのメッセージが届いたときに自動的に再生(動く)されません。

※ 手動で再生する必要があります。

「オフ」にした場合はメッセージエフェクトが自動再生されまます。

デフォルトの設定に戻す場合は

「視覚効果を減らす」は「オフ」にしましょう。

関連記事(一部広告含む)