今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  4. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - ズーム機能 - 3本指ダブルタップで画面を拡大

スポンサーリンク

iPhone/iPad の画面を拡大するズーム機能の使い方を紹介します。

iphone-ipad-display-zoom-00

iOSデバイス(iPhone/iPad)では、ズーム機能を「オン」に設定することで、画面の一部を拡大表示することができます。

拡大鏡の表示/非表示は、3本指のダブルタップで行います。

ここではiPhoneの画面を使って、使用方法を紹介します。iPadでも(大体)同じように使用することができます。

ズーム機能 - 3本指ダブルタップで画面を拡大

iphone-ipad-display-zoom-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-display-zoom-02

設定です。

「一般」をタップしましょう。

iphone-ipad-display-zoom-03

「アクセシビリティ」をタップします。

iphone-ipad-display-zoom-04

「ズーム機能」をタップします。

iphone-ipad-display-zoom-05

まずは「画面表示の拡大できます」というところで、操作方法をみておきましょう。

スポンサーリンク
  • 拡大するには、3本指でダブルタップします
  • 画面内を移動するには、3本指でドラッグします
  • 拡大倍率を変更するには、3本指でダブルタップしてドラッグします
iphone-ipad-display-zoom-06

それでは「ズーム機能」を「オン」にしてみましょう。

iphone-ipad-display-zoom-07

すると、このような拡大鏡が表示されます。

先ほど確認した操作をいろいろやってみましょう。

iphone-ipad-display-zoom-08

下の部分を1本指でドラッグすると

iphone-ipad-display-zoom-09

拡大鏡を移動することができます。

iphone-ipad-display-zoom-10

ホーム画面やその他でも拡大鏡を表示することができます。

ズーム機能をオフ

iphone-ipad-display-zoom-11

ズーム機能が不要な場合は

iphone-ipad-display-zoom-12

「ズーム機能」を「オフ(白色)」にしましょう。

関連記事(一部広告含む)