今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 の使い方と設定

Mac - 連絡先のインポートとエクスポート

スポンサーリンク

Mac の連絡先をインポート/エクスポートする方法を紹介します。

まずは連絡先をエクスポート(vCard として書き出す)する方法をみていきます。vCard とは、電子名刺のフォーマットのことで、Mac の連絡先に採用されています。

BEGIN:VCARD
VERSION:3.0
PRODID:-//Apple Inc.//Mac OS X 10.9.5//EN
N:XXX;;;;
FN:XXX
X-PHONETIC-LAST-NAME:XXX
TEL;type=WORK;type=VOICE;type=pref:0000000000
UID:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
X-ABUID:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
END:VCARD

vCard ファイルは、このようにプレーンテキストになっています。

スポンサーリンク

連絡先のをエクスポート

mac-address-import-export-01
アプリ「連絡先」を起動します。

mac-address-import-export-02
左サイドメニューからエクスポートする連絡先の場所を選びます。

mac-address-import-export-03
上部メニュー「編集」→「すべてを選択」をクリックします。

あるいは、ショートカットキー「Command + A」を押します。

mac-address-import-export-04
すると、連絡先のすべてのカードが選択されます。

mac-address-import-export-05
上部メニューの「ファイル」→「書き出す」→「vCardを書き出す」をクリックします。

mac-address-import-export-06
ファイル名と保存場所を選択し、「保存」をクリックします。

これで連絡先のエクスポートの完了です。

連絡先のインポート

次はエクスポートしたファイルをインポートする方法をみていきます。

mac-address-import-export-07
連絡先の上部メニュー「読み込む」をクリックします。

mac-address-import-export-08
vCard を選択し、「開く」をクリックします。

mac-address-import-export-09
すると「○○件のカードを追加してもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「追加」をクリックします。

mac-address-import-export-10
すると、このように vCard の連絡先がインポート(追加)されます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)