Macのショートカットキー - 不可視ファイルの表示/非表示を切り替える

Last Update:

Macの不可視(隠し)ファイル/フォルダの表示/非表示を切り替える「ショートカットキー」を紹介します。

macOS Sierra からショートカットキーで不可視ファイル/フォルダの表示/非表示を切り替えることができるようになったので、ここではその方法をみていきます。

ショートカットキー - 不可視ファイルの表示/非表示


Finderを起動し「ホーム」フォルダへ移動します(どのフォルダでも構いません)。


「ホーム」フォルダです。

ショートカットキー「command + shift + .」を押しましょう。

「command」と「shift」を押しながら「.」を押すといいでしょう。


すると、このように不可視ファイル/フォルダが表示されます。


ちょっとわかりにくいので右クリックメニューから「整頓」をクリックします。


こんな感じです。

「.bash_history」などの不可視ファイルや「.dropbox」といった不可視フォルダが確認できると思います。

もう一度ショートカットキー「command + shift + .」を押しましょう。


すると、このように不可視ファイル/フォルダが非表示になります。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Finder関連の人気記事

  1. Macのショートカットキー - 不可視ファイルの表示/非表示を切り替える
  2. Mac - 複数のファイル名を一括で変更(リネーム) - 連番、置換
  3. Finderサイドバーの「よく使う項目」にフォルダを追加・削除 - Mac
  4. Mac - Finderのサイドバーに表示する項目を設定
  5. Mac - Finder のホームフォルダに「ライブラリ」フォルダを表示
  6. Mac - Finderで隠しファイル・フォルダを表示する方法
  7. Mac - Finderの使い方と設定
  8. Mac - iPhone/iPad の自動同期の設定(オン/オフ)
  9. Mac - Finder ファイルやフォルダを削除
  10. iPhone - Mac と Wi-Fi 経由で同期
  11. Finderのフォルダーを別の新しいウィンドウで開く - Mac
  12. Mac - Finderのショートカットキー一覧
  13. Mac - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  14. Mac - ゴミ箱を自動的に空にする(30日が過ぎたファイル)
  15. Mac - Finderタイトルをフォルダのフルパス表示にする方法

関連記事(一部広告含む)