MENU

Mac - 不可視ファイルの表示/非表示を切り替える(ショートカットキー)

Macの不可視(隠し)ファイル/フォルダの表示/非表示を切り替える「ショートカットキー」を紹介します。

macOS Sierra からショートカットキーで不可視ファイル/フォルダの表示/非表示を切り替えることができるようになったので、ここではその方法をみていきます。

ショートカットキー - 不可視ファイルの表示/非表示


Finderを起動し「ホーム」フォルダへ移動します(どのフォルダでも構いません)。


「ホーム」フォルダです。

ショートカットキー「command + shift + .」を押しましょう。

「command」と「shift」を押しながら「.」を押すといいでしょう。

※ Finderのショートカットキー一覧です。合わせてご覧ください。
Mac – Finderのショートカットキーの一覧表(まとめ)


すると、このように不可視ファイル/フォルダが表示されます。


ちょっとわかりにくいので右クリックメニューから「整頓」をクリックします。


こんな感じです。

「.bash_history」などの不可視ファイルや「.dropbox」といった不可視フォルダが確認できると思います。

もう一度ショートカットキー「command + shift + .」を押しましょう。


すると、このように不可視ファイル/フォルダが非表示になります。

Finderの使い方

Macの使い方

Finder の人気記事