今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

Mac - Finderで隠しファイル・フォルダを表示する方法

スポンサーリンク

MacのFinderで隠しファイル・隠しフォルダを表示する方法を紹介します。

隠しファイルは、不可視ファイル・ドットファイルとも呼ばれ、Bashの設定ファイル(.bashrc、.bash_profile)やApacheの制御ファイル(.htaccess)などがあり、隠しフォルダは「ライブラリ」「ごみ箱」といった普段見る必要のないフォルダやSSHの情報を保存するフォルダ(.ssh)などがあります。

mac-finder-show-all-files-01
これらは、デフォルトではこのように非表示にに設定されています。

しかし、隠しファイル・フォルダをよく使う・編集する、一時的に編集する場合、「Finder」で隠しファイル・フォルダを表示させる必要があるので、ここでは隠しファイル・フォルダを表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

隠しファイル・フォルダを表示

mac-finder-show-all-files-00
「Finder」を起動し、「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「ターミナル.app」を起動します。

ターミナルを起動するとプロンプト($)が表示されるので、隠しファイル・フォルダを表示するように以下のdefaultsコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

設定を反映するために「Finder」プロセスを終了します。

$ killall Finder

これで設定完了です。確認してみましょう。

mac-finder-show-all-files-02
このように薄っすらと隠しファイル・フォルダが表示されれば、OKです。

隠しファイル・フォルダを非表示

隠しファイル・フォルダを非表示(デフォルトの設定)に戻す場合は、ターミナルに以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder
スポンサーリンク

関連記事と広告