今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする

Mac - デスクトップのファイル・フォルダを非表示に - コマンド操作

スポンサーリンク

Mac のデスクトップのフォルダ・ファイルを表示にするコマンド操作方法を紹介します。

mac-finder-createdesktop-false-01
このようにデスクトップにファイルやフォルダが散らかっているから……キレイにしたいんだけど……

そんな方におすすめなのが今回紹介するコマンド操作です。

この操作を行うとデスクトップのファイルやフォルダーを非表示にすることができます。

非表示になっているだけなので、Finderからデスクトップのファイル・フォルダーにアクセスすることもできます。

デスクトップにあるファイル・フォルダーにアクセスしない!という方におすすめです。

デスクトップのファイル・フォルダを非表示に

それでは実際に非表示にしていきます。

この操作はコマンドを使うので、まずはアプリ「ターミナル」を起動します。

mac-finder-createdesktop-false-02
Finder の「アプリケーション」フォルダにある「ユーティリティ」にアクセスし

mac-finder-createdesktop-false-03
アプリ「ターミナル」を起動します。

スポンサーリンク

mac-finder-createdesktop-false-04
ターミナルです。

プロンプト($)の後ろに次のコマンドを入力し、実行しましょう。

defaults write com.apple.finder CreateDesktop -boolean false

これでデスクトップのファイル・フォルダを非表示にする設定完了です。

設定を反映するために次のコマンドを入力します。

killAll Finder

mac-finder-createdesktop-false-05
実際のコマンド操作はこんな感じです。

それではデスクトップをみてみましょう。

mac-finder-createdesktop-false-06
こんな感じにファイル・フォルダーが非表示になり、スッキリしますね。

mac-finder-createdesktop-false-07
非表示に設定してもデスクトップのファイル・フォルダーには Finder からアクセスすることができます。

デスクトップのファイル・フォルダを表示

設定を元に戻す(デスクトップのファイル・フォルダを表示)する場合は次のコマンドをターミナルに入力・実行しましょう。

defaults write com.apple.finder CreateDesktop -boolean true
killAll Finder

関連記事(一部広告含む)