今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)
  5. Windows10 の使い方と設定

Macアプリ「ワイヤレス診断」 Wi-Fi電波の強度・チャンネル・バンドを確認

スポンサーリンク

Macに標準搭載されているアプリ「ワイヤレス診断」を使って、Wi-Fi電波の強度・チャンネル・バンドを確認する方法を紹介します。

ご近所の無線LANとWi-Fi電波が干渉してしまって、ネットワークが不安定……。

そんな場合はMacアプリ「ワイヤレス診断」を使って、ご自宅と近所のWi-Fi環境を確認しましょう。ここでは「ワイヤレス診断」の起動方法と使い方を紹介していきます。

Macアプリ「ワイヤレス診断」

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a01
Fiderを起動し、

ショートカットキー「Command + Shift + G」を押します。

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a02
すると、このように「フォルダの場所を入力:」というポップアップが表示されるので、以下のパスを入力し、「移動」をクリックします。

/System/Library/CoreServices/

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a03
すると「CoreServices」フォルダへ移動するので、「Applications」フォルダを開きます。

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a04
アプリ「ワイヤレス診断」を起動します。

スポンサーリンク

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a05
すると「ワイヤレス診断」が起動します。

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a06
上部メニューバーの「ウインドウ」→「スキャン」をクリックします。

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a07
すると「スキャン」ウィンドウが表示されるので、「今すぐスキャン」をクリックします。

mac-wireless-network-wi-fi-diagnostics-a08
すると、このようにウィンドウを拡げるとMacに接続可能なWi-Fiリストが表示されます。

  • ネットワーク名
  • BSSID
  • セキュリティ
  • プロトコル
  • RSSI(受信信号強度、Recived Signal Strength Indication)
    数値が大きければ大きいほど電波が強い。
  • ノイズ
  • チャンネル
  • バンド

ネットワークが不安定な場合 - 2.4GHz帯

最も一般的に利用されている「2.4GHz帯」のネットワークが不安定な場合、ご近所のチャンネルと5チャンネル離すように Wi-Fiルーターを設定しましょう。

例:ご近所のチャンネルが「6」の場合は、「1」あるいは「11」に設定すれば、OKです。

関連記事(一部広告含む)