Macアプリ「Dropbox」 - スマートシンクを有効に

Last Update:

Macアプリ「Dropbox」で、スマートシンクを有効にする方法を紹介します。

Dropbox のスマートシンクを有効にすると、コンピュータのストレージ容量を気にすることなく作業に集中できます。

古くなったファイルやフォルダをオンラインのみに移動してくれるので、ストレージ容量を簡単に増やすことができます。

ここではMacアプリ「Dropbox」でスマートシンクを有効にする方法をみていきます。

Macアプリ「Dropbox」 - スマートシンクを有効に

それでは実際に設定してみましょう。


メニューバーの「Dropbox」アイコンをクリックすると


ポップアップが表示されるので、「ユーザー」アイコンをクリックしましょう。


すると、このようにメニューが表示されるので

「基本設定」をクリックします。


すると、このように設定ウィンドウが表示されるので

  • 新しいコンテンツを同期:スマートシンクが有効になっていません。

「有効にする」をクリックします。

すると、「スマートシンクを有効にする」というウィンドウが表示されるので

「続行」をクリックします。

「環境設定を開きます。」をクリックします。


環境設定です。

画面左下の「錠前(カギ)」をクリックすると


このようなポップアップが表示されるので

システム環境設定がセキュリティとプライバシー環境設定のロックを解除しようとしています。

「Touch ID」を使用するか「パスワード」を入力しましょう。


「許可」をクリックします。


画面左下の「錠前(カギ)」をクリックしましょう。

これでスマートシンクが有効になりました。

「完了」をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Dropbox関連の人気記事

  1. Dropboxの使い方と設定
  2. Dropboxのリンクを解除
  3. Windows10 - Dropboxのダウンロードとインストール
  4. Dropbox - ログインとログアウトする方法 - ブラウザー
  5. Dropbox - 同期を一時停止
  6. Windows - Dropboxの基本設定
  7. Mac - Dropboxのダウンロードとインストール
  8. Mac - Dropboxの基本設定
  9. Dropboxアカウント - メールアドレス・パスワードの変更
  10. Dropboxアカウントの削除方法
  11. Macアプリ「Dropbox」 - 同期しないフォルダを設定(選択型同期)
  12. Windows10 - Dropboxの通知を停止(設定)する方法
  13. Dropbox - 使用容量/最大容量を確認する方法
  14. Dropbox - スタートガイドで容量アップ
  15. iPhone/iPadアプリ「Dropbox」- 新しいテキストファイルを作成する

関連記事(一部広告含む)