MENU

Mac | AirDropを有効(オン)にする方法

MacのAirDrop を有効(オン)にする方法を紹介します。

AirDropを使うと、近くにいる人にワイヤレスでファイルを送信できます。iPhone で撮影した写真を Mac に送ったり、友人と写真やファイルを送受信することができます。

ここではMacでAirDropを有効にする方法をみていきます。また、AirDropの設定についても合わせてみていきます。し、それに付随

AirDrop を有効(オン)に

それでは実際に設定をみてみましょう。

Finder


Finderの上部メニュー「移動」→「AirDrop」をクリックします。

あるいは!


サイドメニューの「AirDrop」をクリックします。

AirDropフォルダ


すると、AirDropフォルダへ移動します。

このように「AirDropで近くの人とすぐにデータを共有できます。」と表示されていれば、AirDrop が有効になっていて利用することができます

AirDropが有効にできない

AirDropを利用するには「Wi-Fi」と「Bluetooth」が有効になっていることが必要です。


どちらが「無効」になっていると、このようなに「グレー」の画面が表示されます。

Wi-FiとBluetoothを入にする


「Wi-Fi と Bluetoothを入にする」をクリックしましょう。


すると、このように AirDrop が有効になります。

AirDropの設定

次はAirDropの設定をみていきます。


「この Mac を検出可能な相手」をクリックすると


AirDrop を利用できる相手を次の3つから選択することができます。

  • なし
  • 連絡先のみ
  • 全員

AirDropの使い方

Macの使い方