Macアプリ「Bandwidth+」 Wi-Fiや有線LANの通信量を表示

Last Update:

Wi-Fiや有線LANの通信量を表示するMacアプリ「Bandwidth+」を紹介します。

また記録した通信量をcsvファイルとしてエクスポートすることもできます。

Macアプリ「Bandwidth+」

まずは、こちらからMacアプリ「Bandwidth+」をインストールしましょう。

Bandwidth+

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2011 Harold Chu

mac-app-bandwidth-01
インストールしたアプリ「Bandwidth+」を起動すると

mac-app-bandwidth-02
このように上部メニューにアイコンと数値が表示されます。

mac-app-bandwidth-03
これです。これ。

mac-app-bandwidth-04
これをクリックすると、このように今日の通信量を確認することができます。

この例では「Buffalo-*」が Wi-Fi、「Thunderbolt **」が有線LANの通信量になります。

「↓」がダウンロード、「↑」がアップロード、「↑↓」がダウンロードとアップロードの総通信量になります。

mac-app-bandwidth-05
歯車アイコンから「環境設定」をクリックすると

mac-app-bandwidth-06
このように設定画面が表示されます。

「Automatically start at login」にチェックを入れるとログイン時にアプリ「Bandwidht+」が自動起動するようになります。

mac-app-bandwidth-07
上部メニューに表示する数値の設定です。

  • Uploads and Downloads(アップロードとダウンロード)
  • Downloads(ダウンロードのみ)
  • Uploads(アップロードのみ)
  • Speed(通信速度)

お好みで設定しましょう。

mac-app-bandwidth-08
上部の「Monthly」をクリックし

mac-app-bandwidth-09
「Network」を選択

mac-app-bandwidth-10
その他の項目を選択し

mac-app-bandwidth-11
「Export」をクリックすると

mac-app-bandwidth-12
通信量などをエクスポートすることもできます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  8. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期

関連記事(一部広告含む)