今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Macアプリ「Bandwidth+」 Wi-Fiや有線LANの通信量を表示

スポンサーリンク

Wi-Fiや有線LANの通信量を表示するMacアプリ「Bandwidth+」を紹介します。

また記録した通信量をcsvファイルとしてエクスポートすることもできます。

Macアプリ「Bandwidth+」

まずは、こちらからMacアプリ「Bandwidth+」をインストールしましょう。

Bandwidth+

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2011 Harold Chu

スポンサーリンク

mac-app-bandwidth-01
インストールしたアプリ「Bandwidth+」を起動すると

mac-app-bandwidth-02
このように上部メニューにアイコンと数値が表示されます。

mac-app-bandwidth-03
これです。これ。

mac-app-bandwidth-04
これをクリックすると、このように今日の通信量を確認することができます。

この例では「Buffalo-*」が Wi-Fi、「Thunderbolt **」が有線LANの通信量になります。

「↓」がダウンロード、「↑」がアップロード、「↑↓」がダウンロードとアップロードの総通信量になります。

mac-app-bandwidth-05
歯車アイコンから「環境設定」をクリックすると

mac-app-bandwidth-06
このように設定画面が表示されます。

「Automatically start at login」にチェックを入れるとログイン時にアプリ「Bandwidht+」が自動起動するようになります。

mac-app-bandwidth-07
上部メニューに表示する数値の設定です。

  • Uploads and Downloads(アップロードとダウンロード)
  • Downloads(ダウンロードのみ)
  • Uploads(アップロードのみ)
  • Speed(通信速度)

お好みで設定しましょう。

mac-app-bandwidth-08
上部の「Monthly」をクリックし

mac-app-bandwidth-09
「Network」を選択

mac-app-bandwidth-10
その他の項目を選択し

mac-app-bandwidth-11
「Export」をクリックすると

mac-app-bandwidth-12
通信量などをエクスポートすることもできます。

Bandwidth+

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2011 Harold Chu

スポンサーリンク

関連記事と広告