Macアプリ「グラブ」 - 10秒後に画面全体のスクリーンショットを撮影

Last Update:

Macアプリ「グラブ」を使って、10秒後に画面全体のスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。

アプリ「グラブ」は

Mac に標準搭載されているアプリのひとつで、ウィンドウ・選択部分・スクリーンのスクリーンショット撮影ができます。また「タイマー」という機能を使って10秒後に画面全体のスクリーンショットを撮影することもできるので、ここではその方法をみていきます。

10秒後に画面全体をスクリーンショット

それでは実際にスクリーンショットを撮ってみましょう。

mac-app-grab-timer-01
Finder の「アプリケーション」 から「ユーティリティ」に移動し

mac-app-grab-timer-02
アプリ「グラブ」を起動します。

mac-app-grab-timer-03
グラブです。

上部メニューの「取り込み」をクリックすると次のメニューが表示されるので

  • 選択部分
  • ウインドウ
  • スクリーン
  • タイマー

mac-app-grab-timer-04
「タイマー」をクリックしましょう。

mac-app-grab-timer-05
すると、このようなポップアップが表示されます。

いろいろと記載されているので、確認しておきましょう。

10秒後に画面全体のスクリーンショットを撮るには「タイマー開始」をクリックしてください。
このウインドウはスクリーンショットに表示されません。グラブの環境設定でカーソルを選択した場合は、スクリーンショットにカーソルが取り込まれ、その時点でカーソルの位置に表示されます。

とのことです。環境設定については後で確認します。

mac-app-grab-timer-06
「タイマー開始」をクリックすると

mac-app-grab-timer-07
アイコンの時計?部分が変化します。

10秒後にスクリーンショットが撮られ

mac-app-grab-timer-08
アプリ「グラブ」にスクリーンショットが取り込まれます。

mac-app-grab-timer-09
画像を保存する場合は名前をつけて保存しましょう。

画像の保存形式(フォーマット)は次のとおりです。

  • TIFF
  • JPEG
  • PNG

環境設定

環境設定をみていきます。

mac-app-grab-timer-10
上部メニューの「グラブ」から「環境設定」をクリックします。

mac-app-grab-timer-11
すると、このようなカーソルアイコンのウィンドウが表示されるので

カーソルを選択すると、そのカーソルがスクリーンショットに取り込まれるようになります。必要に応じて設定しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)