Macアプリ「Better Trash」 - ゴミ箱を自動削除(いろいろな条件で)

Macアプリ「Better Trash」を紹介します。

「Better Trash」は、定期的に、あるいはゴミ箱の容量が一定量を超えた場合に自動的にゴミ箱を削除してくれるアプリです。

また、ロックされているファイルを削除/復元できないように安全にゴミ箱を削除する機能も備わっています。

Macアプリ「Better Trash」

まずは、こちらからMacアプリ「Better Trash」をインストールしましょう。

Better Trash - Bob Carith

価格: ¥600 (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© Fireebok


アプリ「Better Trash」を起動しましょう。


Better Trash です。

「Connect」をクリックし


「Open」をクリックしましょう。

スポンサーリンク

この操作はアプリ「Better Trash」の初回起動時にのみ必要です。


すると、上部メニューに「Better Trash」アイコンが表示されるので、それをクリックしましょう。

  • Force Empty Trash
    - ゴミ箱を強制的に空にします。ロックされたファイルも削除します。
  • Secure Delete
    - 復元できないように安全にゴミ箱を削除します。
  • Auto Empty Trash
    - 自動的にゴミ箱を削除します(後述)。


「Auto Empty Trash」をクリックしましょう。


すると、「Auto Empty Trash」の設定が表示されます。お好みで設定しましょう。

  • AutoTrash time frequency
    - ゴミ箱を自動的に削除する頻度
  • AutoTrash when the storage of Trash is more than XYZ
    - ゴミ箱のサイズが一定量を超えると削除
  • Automatically run Better Trash after login
    - AutoTrash を自動起動
  • Show warning before emptying the Trash
    - ゴミ箱を削除する前に警告

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  9. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)